コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲルゼンキルヘン ゲルゼンキルヘン Gelsenkirchen

4件 の用語解説(ゲルゼンキルヘンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲルゼンキルヘン
ゲルゼンキルヘン
Gelsenkirchen

ドイツ西部,ノルトラインウェストファーレン州の工業都市ルール地方中部,エッセンの北東に位置する。 19世紀中頃には人口 1000満たない小村落であったが,ルール炭田の開発につれて発展,1875年都市権を得た。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ゲルゼンキルヘン

ドイツ,ノルトライン・ウェストファーレン州,ルール地方の工業都市。ヨーロッパ有数の炭鉱都市ライン・ヘルネ運河に多くの積出港をもち,ドイツの内港としての積荷の扱い量はデュースブルクに次ぐ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ゲルゼンキルヘン【Gelsenkirchen】

ドイツ西部,ノルトライン・ウェストファーレン州ルール地方の都市。人口29万4000(1995)。11世紀設立の教会村落に始まるが,1840年以降石炭鉱業によって急激に発展。75年市制施行,1928年ブーアとホルストを合併。60年代以降石炭鉱業の地位が低下し,産業構造は衣料,食品,機械,建設,化学,石油精製等に多様化した。板ガラス生産では西ドイツの40%を占める。北海からパイプラインが通じ,運河港を七つ所有する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゲルゼンキルヘン
げるぜんきるへん
Gelsenkirchen

ドイツ中西部、ノルトライン・ウェストファーレン州の鉱工業都市。人口27万4900(2002)。ルール工業地帯の中央部に位置し、もっとも重要な産業は石炭業である。工業はこれと関連する鉄鋼業、鉄鋼加工、化学、ガラス工業などのほか、第二次世界大戦後は衣服工業も重要となった。この地域は1840年までは農村であったが、その後、石炭業、重化学工業とともに市街地無秩序に広がった。この悪名をそそぐべく、動物園や近代的な劇場のある公共地区などを建設し、市街地と生活条件の整備に努めている。[齋藤光格]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゲルゼンキルヘンの関連キーワードブリュールミュンスターウエストファリアノルトラインウェストファーレンプリンツィパルマルクトフロイデンベルクポッペルスドルフ城ミュンスター広場ノルトライン・ウェストファーレンライン・ウェストファーレン石炭シンジケート

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゲルゼンキルヘンの関連情報