コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲンジボタル ゲンジボタルLuciola cruciata

5件 の用語解説(ゲンジボタルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲンジボタル
ゲンジボタル
Luciola cruciata

鞘翅目ホタル科。体長 12~18mmでヘイケボタルより大型。体は黒色,前胸背は淡赤色で,正中線上には中央で広がる黒条がある。腹端は雄では末端2節,雌では1節がそれぞれ黄白色の発光器になっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ゲンジボタル

本州・四国・九州に生息する日本固有の昆虫。程良い栄養分のある流水に群生し、水田に多いヘイケボタルと対照的。一斉に光る雄の成虫を見て楽しむ風情は、各地に古くからある。辰野町も名所で、戦前から天竜川沿いで祭りが催された。松尾峡一帯のホタル発生地は県天然記念物に指定され、町は条例で保護している。

(2008-06-17 朝日新聞 朝刊 長野東北信 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ゲンジボタル

ホタル科の甲虫の一種。体長15mm内外。黒色で胸は赤い。本州〜九州,対馬に分布。卵,幼虫,蛹(さなぎ),成虫ともに発光する。成虫の発光器は雄では第6,7節に,雌では第6節だけにある。
→関連項目ヘイケボタルホタル(蛍)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゲンジボタル【Luciola cruciata】

甲虫目ホタル科に属し,体長12~18mm(イラスト)。本州,四国,九州の各地に生息し,古くから日本人にもっとも親しまれてきた昆虫の一つであるが,開発によって都市周辺ではほとんど見られなくなった。成虫は6~7月に多く,ヘイケボタルより出現がやや早い。雌は流水の水辺のコケなどに直径約0.5mmの黄色卵を平均500個,もしくはそれ以上も産みつける。約1ヵ月後に孵化(ふか)した幼虫は流水中でカワニナ(巻貝)を食べ,水中で越冬,春までに6回脱皮して終齢となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゲンジボタル
げんじぼたる / 源氏蛍
[学]Luciola cruciata

昆虫綱甲虫目ホタル科に属する昆虫。本州、四国、九州に分布し、川辺に多い。体長12~20ミリメートル。黒色で前胸背面が淡赤色、中央に十字架状の黒紋がある。日本の代表的なホタルである。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ゲンジボタルの関連キーワードオオイチモンジシマゲンゴロウクリミガコガネムシジグモセンチコガネトックリバチハッチョウトンボ麦角病(オーチャードグラス)麦角病(ライグラス)麦角病(フェスク)

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゲンジボタルの関連情報