コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲーンズバラ

3件 の用語解説(ゲーンズバラの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ゲーンズバラ

英国の画家。サフォーク州サドベリ生れ。少年時代から画才を示し,オランダフランスの絵画の影響を受けて肖像画家として出発,1768年ローヤル・アカデミーの創立会員となる。
→関連項目スチュアートテート・ギャラリー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ゲーンズバラ【Thomas Gainsborough】

1727‐88
イギリスの画家。サフォーク州サドベリ生れ。1740年ころからロンドンフランス人版画家グラブロHubert Gravelotのもとで修業。48年故郷サフォークに帰り,主としてイプスウィッチジェントリー層の肖像画を描く。59年保養地バースに移り,上流階級の肖像画の注文を多く受ける。68年のローヤルアカデミー設立とともにその会員。74年以降定住したロンドンでは,画家J.レーノルズと並び称された。晩年は王家から制作依頼を受けるなど,当代の人気肖像画家の一人であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゲーンズバラ
げーんずばら
Thomas Gainsborough
(1727―1788)

イギリスの画家。サドベリーに生まれ、15歳のときロンドンに出て画(え)を習い、1748年故郷に帰った。サフォークで職業として肖像画を描いて生計をたて、その合間に好きな風景画を描き、バイオリンを弾いて楽しんだ。59年バースに移住し、注目された。やがてロンドンに出、肖像画家としてJ・レノルズと並び称されることになる。風景画も名声は得たが売れなかった。ロイヤル・アカデミーの設立委員となり、創立とともに会員となった。肖像画はファン・ダイクに基づく流麗な作品もあるが、かなり多くは人物と風景とをいっしょに描き、人物と風景とが溶け込んだ田園生活の魅力を示している。それが風景画そのものになると、空は曇り、情景は荒涼として、北欧的な暗さと哀愁が感じられる。孤独な情感、光と色の処理は、当時流行のイタリア風を脱却し、国土的、国民的な感情をもつ。イギリス風景画の創始者、樹立者である。[岡本謙次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のゲーンズバラの言及

【イギリス映画】より

…(2)43年,A.ハブロック・アラン,D.リーン,R.ニームにより創立された〈シネ・ギルド〉では,ノエル・カワードが重役の地位についてカワード自身の原作による《幸福なる種族》(1944),《陽気な幽霊》(1945),《逢びき》(1945)をはじめ,《大いなる遺産》(1946),《オリバー・トウィスト》(1948),《情熱の友》等々のリーン監督作品。(3)46年から脚本家でもあるS.ボックスが主宰した〈ゲーンズバラGainsborough〉では,A.アスキス監督《激情》(1944),S.ギリアット監督《ウォタールー街》(1945),K.アナキン監督《恋の人魚》(1948),B.ノウルズ監督《三十六時間》(1949),マーガレット・ロックウッド主演の《妖婦》(1946),《赤い百合》(1947),S.モーム原作によるオムニバス映画《四重奏》(1948),ハリウッドから招いたフレドリック・マーチ主演《コロンブスの探険》(1949)等々。スリラーとメロドラマが多い。…

【イギリス美術】より

…彼は当時のイギリス風俗を活写したが,そこには単なる風俗描写に終わらない風刺性とユーモアが見られ,これはイギリス美術の伝統のひとつとなった。 16~17世紀に外来の画家たちによって培われた肖像画の伝統は,18世紀後半のJ.レーノルズ,T.ゲーンズバラを中心としてひとつの頂点に達した。大陸の荘重なバロック様式,華麗なロココ様式に通じる肖像画もあるが,家庭的な情景の中に何人かの人物の肖像を描き込んだいわゆる〈カンバセーション・ピース〉が,新しいタイプの肖像画として人気を博した。…

※「ゲーンズバラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ゲーンズバラの関連キーワードイギリス経験論サフォークフォークフォークランド諸島イギリス巻ノーフォーク・テリアノーリッチ・テリアイギリス鞍 (English saddle)サフォーク・パンチ種 (Suffolk Punch)サフォーク種 (Suffolk)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone