コイネー(英語表記)koinē

  • koine
  • koineギリシア語
  • koinē (dialektos)
  • 〈ギリシャ〉koinē

翻訳|koine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギリシア語で「共通語」の味で,前4世紀後半から後6世紀の中頃まで,広くヘレニズム世界に行われたギリシア語。古代ギリシア語の諸方言のなかで優位に立ったアッチカ方言がもとになっているが,行われた地域がギリシア本土やマケドニアばかりでなく,アジアやアフリカにも及んで国際共通語の役割を果したため,各地域固有の言語の発音や単語が加わった。書き言葉としてのコイネーは,『七十人訳聖書』や新約聖書にみることができる。現代ギリシア語は,このコイネーが中世近世を経て変化してきたものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

古代ギリシア語の共通語。アテナイの隆盛とともに,この地の方言であるアッティカ方言Atticが他の方言を吸収して標準語となり,これにイオニア方言Ionicを加えた共通語が前4世紀に成立。ヘレニズム文化とともに広く普及した。ヘブライ語から訳された旧約聖書,新約聖書の原典にも使用され,ラテン語とともに古代社会の公用語として西欧諸語に多大の影響を与えた。現代ギリシア語の基礎。
→関連項目共通語

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

〈共通語common dialect〉の意。古代ギリシアでは前5世紀にアテナイが政治・文化の中心になるとともに,その言語であるアッティカ方言Atticが,他の方言を抑えてギリシア語を代表する位置を占めるにいたった。そしてこれにイオニア方言Ionicを加え,アッティカに固有の形を除いて,一つの共通語が形成された。これがマケドニアのアレクサンドロス大王の遠征によって広くヘレニズム世界に拡大し,ローマ帝国の崩壊に至る長い間,東地中海の標準語として用いられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

共通の意
紀元前五世紀頃、アッティカの方言を主として成立した古代ギリシャ語。アレクサンドロスの遠征により東方世界に広がり、ビザンツ帝国崩壊に至るまで、東地中海地方の共通語として用いられた。新約聖書に用いられ、現代ギリシャ語の祖となる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紀元前4世紀末から6世紀なかばごろまで使われたギリシア語の共通語で現代ギリシア語の祖。コイネーは「共通の(ことば)」の意。それ以前のギリシア語は多くの方言に分かれていたが、マケドニアによるギリシア世界の統合を契機に、アッティカ方言にイオニア方言の要素が加わってコイネーが形成された。アレクサンドロス大王の東征を契機に、小アジア、パレスチナ、エジプトから、一時はインドにまで至る広大な地域で用いられた。[田中利光]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (Koinē) 紀元前四世紀後半、ギリシア語のアッティカ方言などに基づいてできたギリシアの共通語。マケドニア帝国の公用語として広く話された。新約聖書の言語で、現代ギリシア語の母体。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

アレクサンドロス大王の征服した地域に通用した共通ギリシア語
アッティカ方言を母体として前5〜前4世紀に成立。ヘレニズム世界では,長い間,国際語として用いられ,ビザンツ帝国では公用語となり,『新約聖書』もコイネーで書かれた。現在のギリシア語の母体となっている。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android