コインバトール(英語表記)Coimbatore

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コインバトール
Coimbatore

インド南部,タミルナードゥ州西部の都市。コインバトール県の行政庁所在地。マイソール南南東約 145km,ウェスタンガーツ山脈南端部の丘陵地に位置。タミルナードゥ,ケララ両州の間の交通の要地。綿花地帯の西端にあたり,南インドの重要な商工業都市として発展。綿・皮革工業,製糖,日用品製造が行われ,周辺のプランテーションで産するコーヒー,茶,ビャクダンなどの集散地。人口 85万 3402 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

コインバトール

インド南部,タミル・ナードゥ州西隅の高原都市。デカン高原南部の東西両海岸を結ぶ鉄道の要地。近年綿工業を中心に急速に発展。近郊にヒンドゥー教寺院がある。106万1447人(2011)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コインバトール
こいんばとーる
Coimbatore

インド南部、タミル・ナド州西部にあるコインバトール県の県都。人口92万3085、周辺部を含む人口144万6034(2001)。インド半島南東部地域から西ガーツ山脈を越え、アラビア海沿岸地域とを結ぶ交通路の要衝に位置し、10世紀以降に重要性を増した。1888年に近代的綿紡績業がおこり、1930年代に急成長を遂げた。その後、農機具、食用油製造、セメント工業などを集積し、重要な内陸型工業都市として発展している。[中山修一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

コインバトール

(Coinbatore) インド共和国タミルナド州西部の都市。ノイル川に面し、綿花の栽培が盛んで、南インドにおける綿工業の中心地。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

統合型リゾート(IR)

Integrated Resortの略で、カジノや劇場、ホテルなどが一体となった施設。国会の超党派議員が提出したカジノ解禁法案はIRの整備を後押しする基本法案で、2014年に趣旨説明と質疑が行われたも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コインバトールの関連情報