コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コインバトール Coimbatore

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コインバトール
Coimbatore

インド南部,タミルナードゥ州西部の都市。コインバトール県の行政庁所在地。マイソール南南東約 145km,ウェスタンガーツ山脈南端部の丘陵地に位置。タミルナードゥ,ケララ両州の間の交通の要地。綿花地帯の西端にあたり,南インドの重要な商工業都市として発展。綿・皮革工業,製糖,日用品製造が行われ,周辺のプランテーションで産するコーヒー,茶,ビャクダンなどの集散地。人口 85万 3402 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

コインバトール(Coimbatore)

インド南部、タミルナドゥ州の都市。デカン高原南部を東西に結ぶ鉄道、および幹線道路が通る交通の要地。1930年代以降、綿工業が盛ん。同州第二の規模をもつ商工業都市として知られる。人口、行政区93万、都市圏146万(2001)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

コインバトール

インド南部,タミル・ナードゥ州西隅の高原都市。デカン高原南部の東西両海岸を結ぶ鉄道の要地。近年綿工業を中心に急速に発展。近郊にヒンドゥー教寺院がある。106万1447人(2011)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コインバトール
こいんばとーる
Coimbatore

インド南部、タミル・ナド州西部にあるコインバトール県の県都。人口92万3085、周辺部を含む人口144万6034(2001)。インド半島南東部地域から西ガーツ山脈を越え、アラビア海沿岸地域とを結ぶ交通路の要衝に位置し、10世紀以降に重要性を増した。1888年に近代的綿紡績業がおこり、1930年代に急成長を遂げた。その後、農機具、食用油製造、セメント工業などを集積し、重要な内陸型工業都市として発展している。[中山修一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

コインバトールの関連キーワードディンディグルティルプルエローデ中山修一

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android