コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コウモリガ コウモリガPhassus excrescens

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コウモリガ
Phassus excrescens

鱗翅目コウモリ科。前翅長 30~50mm,体長もほぼ同長。夕方活発に飛ぶのでその名がある。全体暗褐色で,前翅には黄白色の斜帯がある。翅は細長く先端がとがり,後翅は前翅よりわずかに短い。触角は毛状で細く短い。成虫は夏季に出現する。幼虫はクサギ,キリなどの樹幹を穿孔して食害する。北海道,本州,四国,九州,アムールに分布する。なおコウモリガ科 Hepialidaeはガのなかでも原始的な科で,触角は小さく,前後翅の脈相が類似している。世界に約 300種が知られるが,大部分は南半球に産し,日本には8種が分布している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コウモリガ
こうもりが / 蝙蝠蛾
ghost moth

昆虫綱鱗翅(りんし)目コウモリガ科の総称、またはそのなかの1種。夕暮れ時に活発に飛ぶようすがコウモリを連想させるところから名づけられた。この科は小さなグループで、日本には8種が知られている。前後翅の形がほぼ等しく、翅脈数も同じであるので、鱗翅目のなかでもっとも原始的な科の一つとされている。幼虫は、大形種では樹木の幹や枝にトンネルを掘って侵入し、小形種では草の茎の中に侵入する。成虫は夜間灯火に飛来することもあるが、夕暮れ時に飛び、交尾、産卵をする。
 日本の代表的な種の一つであるコウモリガEndoclyta excrescensは、はねの開張45~110ミリメートル、前翅は赤褐色、不規則な帯状の紋があり、ところどころに黒点または黒斑(こくはん)がある。北海道から屋久(やく)島までと、中国やシベリア東部に分布する。夏の終わりごろに出現する。幼虫は果樹、林木、庭木など、多数の木に穴をあけて侵入、食害する害虫で、老熟までに2~3年かかり、穿入孔(せんにゅうこう)に繭をつくって坑道内で蛹化(ようか)する。多発すると被害が大きい。[井上 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

コウモリガの関連キーワードコウモリガ(蝙蝠蛾)コバネガ(小翅蛾)キマダラコウモリチョウ(蝶)ハナミズキ黄斑蝙蝠蛾白点蝙蝠蛾食用昆虫臭木の虫ミバエ蝙蝠蛾井上

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android