コカ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

コカ

南米原産の常緑低木樹。疲労回復の効果などから、先住民が乾燥させた葉をかんだり、茶として飲んだりしてきた。精製すると麻薬コカイン原料となるため、各国で栽培が厳しく規制されている。

(2007-03-09 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コカ【coca】

麻酔薬や麻薬として有名なコカインを含有する常緑の小低木(イラスト)。コカノキ科に属し,原産地は南アメリカのペルーボリビアアンデス地方と推定されている。高さ1~3mで,よく分枝する。葉は互生し,短い葉柄があり,長楕円形から倒卵形,長さ4~9cm。花は前年枝の葉腋(ようえき)から生じる1~数本の短い花梗につき,小型の黄緑白色で,萼片は5枚,花弁も5枚ある。核果は赤熟し,卵状長楕円形で,中に1個の種子がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

コカ

〘名〙 (coca 元来はケチュア語) コカノキ科の低木。ペルーおよびボリビア原産で、南米、東南アジアなどで栽植される。茎は紫褐色で高さ二~三メートルになる。葉は革質で長さ三~九センチメートルになる楕円形。初夏、葉腋(ようえき)に径五ミリメートルぐらいの淡黄色の五弁花を叢生。果実は長楕円状で三稜があり紅色に熟す。葉からコカインをとる。コカの木。〔英和商業新辞彙(1904)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のコカの言及

【コカイン】より

コカをはじめ南アメリカ産のコカノキ科コカ属植物各種の葉から抽出されるアルカロイドで,メチルベンゾイルエクゴニンという化合物。化学的合成も可能である。…

※「コカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コカの関連情報