コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コガラ コガラ Poecile montanus; willow tit

3件 の用語解説(コガラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コガラ
コガラ
Poecile montanus; willow tit

スズメ目シジュウカラ科。全長 12~13cm。喉と頭部は光沢のない黒色,頬から胸,腹は白色で,背はわずかに淡褐色を帯びる灰色。,尾は灰黒色。ユーラシア大陸の中緯度地域一帯に広く繁殖分布し,冬季は繁殖地域かそのやや南方で越冬する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コガラ

シジュウカラ科の鳥。翼長6.5cm。頭部は黒く,背面は淡灰褐色。ハシブトガラに酷似。ユーラシア大陸中部に広く分布。日本では北海道,本州,四国の山地の林に留鳥として生息する。
→関連項目ヒガラ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コガラ
こがら / 小雀
willow tit
[学]Parus montanus

鳥綱スズメ目シジュウカラ科の鳥。全長13センチメートル白っぽい鳥で頭頂部とのどが黒く、背面は灰褐色。足は短いが頑丈で、大きい指に鋭く湾曲したつめがある。ユーラシアの中緯度地方に分布し、日本では九州以北にいる。留鳥で、針葉樹林落葉広葉樹林にすむが、北海道では針葉樹林のほうに多い。樹木の中・下層内部や低木の、とくに枯れた小枝に食物を求め、嘴(くちばし)で穴をほじくって虫を取り出す。また、つかむ力が強く、枝につり下がって盛んにその折れ口をほじる。つがいでいることが多く、強い縄張り性があり、枯れた大枝に雌雄が力をあわせて樹洞を掘って巣をつくる。[中村登流]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コガラの関連キーワード五十雀四十雀四十雀雁紅雀すずめやジュウシマツ(十姉妹)ゴジュウカラ(五十雀)シジュウカラ(四十雀)ヒガラ(日雀)スズメ目

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コガラの関連情報