コギトエルゴスム(英語表記)〈ラテン〉cogito, ergo sum

精選版 日本国語大辞典の解説

(cogito, ergo sum) 「私は考える、ゆえに私は存在する」の意。デカルトが方法的懐疑の末に到達した根本原理。すべてを虚偽だと考えることはできても、そう考える自己の存在は疑いえないとし、この自我の明晰、判明な確実性をすべての知識の基とした。哲学的に近代合理主義の出発点をなした命題とされている。我思う、故(ゆえ)に我在り。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android