コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コギト・エルゴ・スム コギト・エルゴ・スム Cogito, ergo sum

3件 の用語解説(コギト・エルゴ・スムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コギト・エルゴ・スム
コギト・エルゴ・スム
Cogito, ergo sum

「われ思惟す,ゆえにわれあり」の意。近世観念論哲学の礎石をおいたデカルトの言葉として有名だが,デカルト自身は『方法序説』第4部で Je pense,donc je suisといっているが,このラテン語形は彼のテキストにはなく,彼みずからが校閲した 1644年のラテン訳では Ego cogitoego sumである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コギト・エルゴ・スム

我思う,故に我あり

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コギト・エルゴ・スム
こぎとえるごすむ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のコギト・エルゴ・スムの言及

【コギト】より

…コギトはもともと〈考える〉とか〈意識する〉という意味のラテン語cogitareの一人称単数形にすぎないが,今日ではむしろ〈自己意識〉を含意し,精神や自我の本質を自己意識に見ようとする立場と結びつけて語られる。かつてデカルトが《方法叙説》(1637)の中で,絶対不可疑の真理を発見すべく,まずあらゆるものを疑ってみるという〈方法的懐疑〉から出発し,その結果〈そう考えている私は何ものかでなければならぬ〉として〈われ思う,ゆえにわれ在りJe pense,donc je suis〉の命題に到達し,これを〈哲学の第一原理〉と呼んだことに由来する(コギト・エルゴ・スムcogito,ergo sumはその命題のラテン語訳)。以来,精神や自我とコギトとのかかわりをめぐってさまざまな論議が戦わされて今日に至っている。…

※「コギト・エルゴ・スム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コギト・エルゴ・スムの関連キーワード然るが故にプレアデス故故し所以我思う,故に我あり其処故に我思うが故に我在り我思う故に我在り花ロードえにわわれ思う,ゆえにわれ在り

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コギト・エルゴ・スムの関連情報