コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コギト・エルゴ・スム Cogito, ergo sum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コギト・エルゴ・スム
Cogito, ergo sum

「われ思惟す,ゆえにわれあり」の意。近世観念論哲学の礎石をおいたデカルトの言葉として有名だが,デカルト自身は『方法序説』第4部で Je pense,donc je suisといっているが,このラテン語形は彼のテキストにはなく,彼みずからが校閲した 1644年のラテン訳では Ego cogito,ego sumである。ここにいうコギトとは普通の「考える」だけではなく,疑うとか意欲するとか感覚するとかいったあらゆる精神の活動を含んでおり,スムの主語である私は精神としての私であって肉体はいまだ含まれない。論理形式としてはデカルトはこれを何も前提にしない端的な直観であるといい,第1の原理に据えたのだが,考えるものは存在するという命題を前提とする三段論法とみる解釈もある。なお『第二省察』では懐疑より出発してまず私の存在が ego sum,ego existoとして取出され,そののちに私が考えるものであることがいわれており,『方法序説』との差異は見過しえない。またこの命題とアウグスチヌスの類似は早くから指摘されていたが,デカルトがアウグスチヌスを読んでいたとの確証はない。デカルトにあってはコギトが出発点として唯一の真理であったという点でアウグスチヌスとの差異はあるが,コギトが魂の霊性を,したがって心身の区別を導き出す点,またそれが神の存在の証明につながる点で両者は本質的類縁性をもっており,A.アルノーや N.マルブランシュら 17世紀の多くのカルテジアン (→カルテジアニスム ) がアウグスチニアンであったことと無縁ではない。 E.フッサールもその現象学においてこの用語を借用し,純粋自の本質的成分とした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

コギト・エルゴ・スム

我思う,故に我あり

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コギト・エルゴ・スム
こぎとえるごすむ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のコギト・エルゴ・スムの言及

【コギト】より

…コギトはもともと〈考える〉とか〈意識する〉という意味のラテン語cogitareの一人称単数形にすぎないが,今日ではむしろ〈自己意識〉を含意し,精神や自我の本質を自己意識に見ようとする立場と結びつけて語られる。かつてデカルトが《方法叙説》(1637)の中で,絶対不可疑の真理を発見すべく,まずあらゆるものを疑ってみるという〈方法的懐疑〉から出発し,その結果〈そう考えている私は何ものかでなければならぬ〉として〈われ思う,ゆえにわれ在りJe pense,donc je suis〉の命題に到達し,これを〈哲学の第一原理〉と呼んだことに由来する(コギト・エルゴ・スムcogito,ergo sumはその命題のラテン語訳)。以来,精神や自我とコギトとのかかわりをめぐってさまざまな論議が戦わされて今日に至っている。…

※「コギト・エルゴ・スム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コギト・エルゴ・スムの関連キーワードウォロ・エルゴ・スム我思う,故に我あり我思う故に我在り方法的懐疑自意識