コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コケモモ

2件 の用語解説(コケモモの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

コケモモ

北海道〜九州の高山帯にはえ,北半球の寒帯にも広く分布するツツジ科の常緑小低木。高さ10〜20cm,茎の基部は地中をはう。葉は倒卵形で上面にはつやがあり,縁は少し下面に巻く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コケモモ
こけもも / 苔桃
[学]Vaccinium vitis-idaea L.

ツツジ科の常緑小低木。高さ10~20センチメートルで、茎の下部は地をはう。葉は革質でつやがあり、長楕円(ちょうだえん)形、長さ1~2センチメートル、裏面は淡緑色で小さい黒点がある。6~7月、枝先の短い総状花序に筒状壺(つぼ)形の淡紅白色花をつける。花冠は長さ6ミリメートルで先は四つに中裂し、雄しべは8本。果実は球形、径約7ミリメートルで、9~10月に赤く熟す。酸味はあるが甘く、食用にする。北海道から九州の亜高山帯から高山帯の岩石地やハイマツの下に生え、北半球の寒帯に広く分布する。名は、果実をモモに見立て、全体が小さいのでつけられた。果実で果実酒、シロップ、ジャムなどをつくる。葉は配糖体のアルブチン、メチルアルブチンやタンニンなどを含み、薬用としてウワウルシ葉(ウワウルシはツツジ科の常緑小低木)の代用にする。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コケモモの関連キーワード北半球白山火山帯亜高山帯高山帯棘魚依蘭苔オニユリクルミマイタケ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コケモモの関連情報