コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コシアブラ

百科事典マイペディアの解説

コシアブラ

北海道〜九州の山地に生えるウコギ科の落葉高木。葉は互生し,5小葉からなる掌状複葉。夏,枝先に淡黄色の小花球状にまとまった散形花序を多数つける。果実は球形で黒紫色に熟す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コシアブラ【Acanthopanax sciadophylloides Fr.et Sav.】

山地に生えるウコギ科の落葉高木(イラスト)。昔この木から樹脂をとって金漆(ごんぜつ)というウルシに似た塗料に用いたところから,ゴンゼツノキの名がある。幹は高さ10m以上になり,樹皮は褐色を帯びた灰白色で楕円形の皮目がある。葉は互生し,5小葉をもった掌状複葉で,7~30cmの葉柄がある。小葉は倒卵状楕円形で鋸歯があり,裏面はわずかに淡緑で粉白色を帯びる。中央の小葉は最も大きく,側小葉は小型である。8月頃,枝先に散形花序を総状につけた枝を束生した複雑な花序を出し,淡黄緑色の花をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コシアブラ
こしあぶら / 漉油
[学]Acanthopanax sciadophylloides Fr. et Sav.

ウコギ科の落葉高木。高さ15メートル、樹皮は灰褐色。葉は5小葉からなる掌状複葉で、質は薄く、小葉は卵状長楕円(ちょうだえん)形、長さ10~20センチメートルで、7~30センチメートルの長い柄がある。花は8月、その年に伸びた枝の先に長い柄のある複散形花序に多数つき、淡黄緑色である。果実は液果で、9~10月に黒く熟す。北海道から九州にかけての山地に広く分布し、秋の黄葉は美しい。樹皮から樹脂液をとり、漉(こ)して塗料(金漆(ごんぜつ)という)をつくったのでこの名がある。金漆の音読みをもとにゴンゼツノキともいう。
 材は箱、箸(はし)、杓子(しゃくし)、扇子の骨などの器具材のほか、マッチの軸としても利用する。若芽は食用となる。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のコシアブラの言及

【シラキ(白木)】より

…和名のもととなった白い材は,細工物や薪炭材とする。材が白いのでシラキと呼ばれる樹木には,ドロノキ,アカメガシワコシアブラミズキなどがある。【森田 竜義】。…

※「コシアブラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コシアブラの関連キーワード県内林産物の出荷制限甲山(広島県)漉し油・金漆笹野彫り金漆木棒楤油木山桐蝋木芋木

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コシアブラの関連情報