コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コタ・キナバル コタキナバル

百科事典マイペディアの解説

コタ・キナバル

マレーシア,サバ州の州都。旧名ジェセルトン。北ボルネオ西岸,南シナ海に臨む港湾都市で,海陸交通の要地。ゴム,木材,漁貝を輸出。東方にキナバル山がある。ボルネオ観光の拠点で,空路の要地でもある。1899年創設。30万6920人(2000)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コタ・キナバル
こたきなばる
Kota Kinabalu

マレーシア、サバ州の州都。旧名ジェッセルトンJesselton。人口35万4153(2000)。ボルネオ島北部、南シナ海に面する小湾に臨む港町で、東方にボルネオ最高峰のキナバル山(4094メートル)がそびえる。この地方がイギリス領になるとともに1899年に建設された。港の背後の丘上には近代的建物が並ぶが、海岸にはマレー人の水上家屋もみられる。ゴム、木材の積み出しが盛んで、華僑(かきょう)も多い。国際空港があり、東南アジア各地と結び、日本からの直行便がある。また南方のテノムまで鉄道が通じる。[別技篤彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android