コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コノドント conodont

百科事典マイペディアの解説

コノドント

カンブリア紀〜三畳紀の海域に生息した,所属不明の絶滅動物の,消化器系の一部と思われる硬組織の化石。大きさは1mmほどで,角状,櫛(くし)形などの形態をもち,おもにリン酸カルシウムからなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コノドント【conodont】

古生代カンブリア紀から中生代の三畳紀まで生存した海生の化石動物のなんらかの器官を代表する部分化石。大きさは一般に1mm程度で,主成分はリン酸カルシウムからなる。1856年にロシアのパンダーChristian Heinrich Pander(1794‐1865)がラトビア地方のシルル系から魚の歯の化石として報告したのが研究の始まりで,コノドントとは円錐状の歯という意味で錐歯類ともいわれる。外部形態から,円錐状(角状),複歯状,プレート状と大きく三つに分けられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コノドント
このどんと
conodonts

(なぞ)の多い動物の微小な部分化石。1856年にロシアの古生物学者パンダーC.H.Pander(1794―1865)が、バルチック地方の地層から初めて報告した。その分類上の位置については多くの議論がなされてきたが、今日でもなお意見が分かれている。1983年、86年そして93年、スコットランドに分布する石炭紀の頁岩(けつがん)から、頭部にコノドント集合体をもつ動物化石が発見された。それらはウナギのような細長い胴と脊索(せきさく)と考えられる組織をもち、コノドント動物とよばれている。コノドント動物を無顎(むがく)類とする考えと、無顎類とは別の動物であるとする見解がある。
 コノドントの大きさは200マイクロメートルから3ミリメートル程度で、おもな成分はリン酸カルシウムである。外形から、角(つの)のような単歯型コノドント、複数の角が並んで櫛(くし)のような複歯型コノドント、そして板状のプラットホーム型コノドントに分けられている。歯の付け根にあたる基底部には、窪(くぼ)みがあり基底腔(こう)とよばれる。保存のいい個体では、基底腔に基底板とか基底充填(じゅうてん)物がついている。コノドントの薄片を顕微鏡下で観察すると、成長のあとを示すと考えられる石灰質薄層の年輪状構造が認められる。古生代カンブリア紀から中生代三畳紀までの、さまざまな海成堆積(たいせき)岩から産し、地層を対比するうえで有効な化石である。[谷村好洋]
『日本化石集編集委員会編『日本化石集6 千葉県房総半島の新第三紀・第四紀超微化石』『日本化石集7 山口県秋吉石灰岩の石炭紀コノドント化石』(1977・築地書館) ▽猪郷久義著『古生物コノドント――四億年を刻む化石』(1979・日本放送出版協会) ▽速水格・森啓編『古生物の科学1 古生物の総説・分類』(1998・朝倉書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のコノドントの言及

【三畳紀】より

…軟体動物では,アンモナイト(セラタイト類)や薄い殻をもつ翼形類に属する二枚貝(ダオネラ,ハロビア,モノチス)が繁栄し,示準化石として重視されている。コノドントは所属不明の化石であるが,層位学上きわめて重要で,これによって三畳紀の地史が大きく解明された。日本の三畳系の分布は著しく狭いとされていたが,近年の研究により,従来古生代後期の地層とされてきた遠洋性の石灰岩,角岩,海底火山岩のかなりの部分が三畳紀に形成されたことがわかってきた。…

※「コノドント」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コノドントの関連キーワード群馬県みどり市大間々町大間々みどり市大間々博物館プロブレマティカ秩父中・古生層三波川変成帯オルドビス紀コノドント類標準化石三波川帯チャート原索動物誘導化石微化石石炭紀大間々顎口類古生代黒色泥

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android