コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コノハチョウ コノハチョウ Kallima inachus; leaf butterfly

3件 の用語解説(コノハチョウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コノハチョウ
コノハチョウ
Kallima inachus; leaf butterfly

鱗翅目タテハチョウ科。翅を閉じると1枚の枯れ葉のように見えるので,この名がある。大型のタテハチョウで,前翅の開張幅 80mm内外。前翅の先端部はとがり,後翅の後角部は木の葉の柄のように細い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コノハチョウ

鱗翅(りんし)目タテハチョウ科の1種。開張70mm内外,紫褐色。前翅にだいだい色の斜帯がある。裏面が枯葉そっくりなのでその名がある。琉球,台湾,中国南部〜インドに分布。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コノハチョウ
このはちょう / 木葉蝶
orange oakleaf
[学]Kallima inachus

昆虫綱鱗翅(りんし)目タテハチョウ科に属するチョウ。日本では沖縄本島、石垣島、西表(いりおもて)島に分布、最近は沖永良部(おきのえらぶ)島にも定着するようになったが、これは人為的な放チョウによるものらしい。外国では台湾、中国(南部)から北インドにかけて分布する。はねの開張は70ミリメートル内外。はねの表面は濃青藍(せいらん)色、前翅(ばね)には橙(だいだい)色の幅広い帯がある。裏面は表面と異なり枯れ葉模様を呈するが、詳細にみればその枯れ葉模様にはさまざまな変化がある。はねの形も多くのチョウ類と異なり、前翅の先端はとがり、後ろ翅の先端部も葉柄状に突出する。はねを畳んだ状態ではその形、色彩はまったく枯れ葉そっくりで、擬態の好例として有名である。しかし、これが実際の生活上に擬態として効果があるかどうかについては疑問をもつ学者もある。琉球(りゅうきゅう)諸島ではこのチョウは成虫で越冬し、春から秋にかけて数回の発生を繰り返す。チョウは樹液、腐果などに飛来するが花にはこない。コノハチョウを集めるには「泡盛(あわもり)」を振りまけば効果があるという。幼虫の食草はキツネノマゴ科植物のオキナワスズムシソウ、セイタカスズムシソウなど。飼育の場合にはオギノツメでよく成育する。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コノハチョウの関連キーワードタテハチョウヒメアカタテハ口を閉じる木の葉蝶胡麻斑蝶幕を閉じる小紫蝶蛺蝶キベリタテハサカハチチョウ(逆八蝶)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone