コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コビトドリ コビトドリ Todidae; todies

2件 の用語解説(コビトドリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コビトドリ
コビトドリ
Todidae; todies

ブッポウソウ目コビトドリ科の鳥の総称。全長 10~12cm,体重 5~7g。5種からなり,すべてカリブ海大アンティル諸島に分布している。どの種もは体のわりにやや長く,形は平たくて縁が鋸状になっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コビトドリ
こびとどり / 小人鳥
tody

鳥綱ブッポウソウ目コビトドリ科に属する鳥の総称。この科Todidaeにはコビトドリ属Todusがあるだけで、5種がある。大アンティル諸島にのみ分布し、キューバ、ジャマイカ、プエルト・リコの各島に1種ずつ、イスパニョーラ島には2種がすんでいる。どの種もよく似ているが、イスパニョーラ島にいる2種のうちの1種は、山地の森林にすみ、他のコビトドリ類に比べると嘴(くちばし)がやや細いのが特徴である。コビトドリ類は全長9~10センチメートル、嘴はまっすぐですこし長い。体の上面は緑色で、下面は白色、胸側がバラ色や黄色をして、のどは赤い。鳴き声は種ごとにそれぞれ特徴があり、普通、低地の森林にすむ。枝から飛び立ち空中で昆虫をとらえるが、飛ぶときに、外側の初列風切(かざきり)によって特別の音を出す。巣は、土手に穴を掘ってつくり、白色の卵を産む。[高野伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コビトドリの関連キーワード知目鳥仏法僧烏帽子鳥木の葉鳥鳳来寺山のブッポウソウオオブッポウソウ(大仏法僧)カワセミ(翡翠)コビトドリ(小人鳥)ブッポウソウ(仏法僧)ブッポウソウ目

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone