コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コモチイソギンチャク コモチイソギンチャクCnidopus japonicus

3件 の用語解説(コモチイソギンチャクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コモチイソギンチャク
コモチイソギンチャク
Cnidopus japonicus

刺胞動物門花虫綱六放サンゴ亜綱イソギンチャク目ウメボシイソギンチャク科。体高 2cm内外で,体壁の中央部に多数のいぼがある。触手は短く,約 200本。親は発生の進んだを口から出し,体壁のいぼの間に押しつける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コモチイソギンチャク【Epiactis japonica】

花虫綱ウメボシイソギンチャク科の腔腸動物(刺胞動物)(イラスト)。親が一時体壁に幼イソギンチャクをつけて育てるのでこの名がある。神奈川県三崎以北に分布していて,東北,北海道の海岸の岩礁上にふつうに見られる。体は高さ5cmくらいの円筒状になったり,触手を収縮し足盤を広げて扁平になっていることがある。体壁の色はさまざまに変化していて,橙色,赤色,青色,紫色,暗緑色などがあり,またこれらの色が混ざって斑紋になっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コモチイソギンチャク
こもちいそぎんちゃく / 子持磯巾着
[学]Cnidopus japonicus

刺胞(しほう)動物門花虫(はなむし)綱六放サンゴ亜綱イソギンチャク目ウメボシイソギンチャク科に属する海産動物。相模(さがみ)湾以北に分布し、北海道の海岸に多産する。体形は低い円錐(えんすい)形で、足盤の直径は約5センチメートル、口盤の直径は約3センチメートルになり、高さ0.5~2センチメートル。体壁の色彩変異は著しく、白色、赤色、青色、紫色、緑色、褐色、小豆(あずき)色、オリーブ色、暗緑色、橙(だいだい)色などで、これらの色がモザイク状に入り混じったり、放射条を呈したりする。単色のものもある。また口盤および触手は、体壁の色彩に応じて暗赤色、暗緑色、褐色などの変異があり、口盤には淡褐色の放射条が走る。体壁の下半部には半球状の突起を多くもつ。母体の口から吐き出された胚は母親の触手によって母体の体壁の突起の間に押し付けられ、そこに付着し、変態して稚イソギンチャクとなり、かなり大きくなるまでそこにとどまり、その後母体を離れて岩上に付着する。成体が子供を体壁につけているところからこの名がある。岩礁海岸や転石海岸の潮間帯にすみ、とくに転石の裏面に多数密集することが多い。[内田紘臣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のコモチイソギンチャクの言及

【イソギンチャク(磯巾着)】より


[形態]
 体は円筒状で上端は口盤になり,下端は足盤でこれで岩など他の物に着生する。体色には,赤色,紫色,緑色や斑紋が入ったものなどがあり,タテジマイソギンチャク(イラスト)やコモチイソギンチャク(イラスト)などは,色彩が個体によって変化している。触手は先端がとがっているのがふつうであるが,イワホリイソギンチャクのように球状になっているもの,枝分れしているものもある。…

※「コモチイソギンチャク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone