コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コラ半島 コラはんとう Kol'skii poluostrov

4件 の用語解説(コラ半島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コラ半島
コラはんとう
Kol'skii poluostrov

ロシア北西部,ムルマンスク州にある半島。バレンツ海と白海の間に北西から南東に約 400km突出する。面積約 10万 km2地質構造的にはスカンジナビア半島から続くバルト楯状地で,先カンブリア時代花崗岩,片麻岩などから成り,火成岩の貫入もみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コラ半島【コラはんとう】

ロシア北西部,バレンツ海と白海との間にある半島。約10万km2。山地多く,ツンドラにおおわれ,リン灰石ニッケル鉱などを埋蔵。北岸にある不凍港ムルマンスクが中心地。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

コラはんとう【コラ半島 Kol’skii poluostrov】

ロシア連邦北西端にある半島。ムルマンスク州に属する。北西から南東に突出し,北岸は北極海の一部のバレンツ海に,南岸は白海とその奥のカンダラクシャ湾に面する。同湾最奥部からの長さ約370km,幅約290km,面積約10万km2。地質学上はバルト楯状地の北東縁にあたり,大半は片麻岩や花コウ岩からなる。西部にはヒビン山地(最高点1191m)などがあるが,他は標高300m程度の準平原状の丘陵で,表面はツンドラ,南北に長い氷食湖が多数あり,半島の南縁は背の低い針葉樹林となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コラ半島
こらはんとう
Кольский Полуостров Kol'skiy Poluostrov 

ロシア連邦北西部、ムルマンスク州にある半島。白海とバレンツ海を分ける。全域のほとんどが北極圏内にある。面積約10万平方キロメートル。半島西部は山地で最大標高1191メートル。沿岸をメキシコ湾流が洗うため気候は全般に温和で、半島北岸に不凍港をもつムルマンスク市がある。燐灰(りんかい)石、鉄鉱石、ニッケル、雲母(うんも)、陶土を産し、キーロフスクは代表的な鉱山都市。[小宮山武治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コラ半島の関連キーワードペトロザボーツクムルマンスクАрхангельскМурманскウドムルトКировскСоловкиРоманов-на-Мурманеウドムルト[共和国]カレリア[共和国]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コラ半島の関連情報