コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コラ半島 コラはんとうKol'skii poluostrov

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コラ半島
コラはんとう
Kol'skii poluostrov

ロシア北西部,ムルマンスク州にある半島バレンツ海白海の間に北西から南東に約 400km突出する。面積約 10万 km2。地質構造的にはスカンジナビア半島から続くバルト楯状地で,先カンブリア時代の花崗岩,片麻岩などから成り,火成岩の貫入もみられる。北岸は高い崖をなすが,南岸は低く,沿岸に湿地帯が多い。最高点は半島基部にあるヒビヌイ山地の 1191m。イマンドラ湖をはじめ湖が多い。気候は暖流のノースケープ海流の影響で高緯度のわりには温暖で,平均気温は1月北部で-8℃,中部で-13℃,7月はそれぞれ8℃,14℃である。北部はツンドラ地帯,南部は森林地帯に入る。沿岸で漁業,内陸でサミ人によりトナカイの遊牧が行われるほか,ヒビヌイ山地に近いキーロフスク,アパチートゥイを中心に,リン灰石,霞石,ジルコニウムなどが採掘される。北岸に不凍港ムルマンスク,南岸白海奥にカンダラクシャ港がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

コラ半島【コラはんとう】

ロシア北西部,バレンツ海と白海との間にある半島。約10万km2。山地多く,ツンドラにおおわれ,リン灰石,ニッケル鉱などを埋蔵。北岸にある不凍港ムルマンスクが中心地。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コラはんとう【コラ半島 Kol’skii poluostrov】

ロシア連邦北西端にある半島。ムルマンスク州に属する。北西から南東に突出し,北岸は北極海の一部のバレンツ海に,南岸は白海とその奥のカンダラクシャ湾に面する。同湾最奥部からの長さ約370km,幅約290km,面積約10万km2。地質学上はバルト楯状地の北東縁にあたり,大半は片麻岩や花コウ岩からなる。西部にはヒビン山地(最高点1191m)などがあるが,他は標高300m程度の準平原状の丘陵で,表面はツンドラ,南北に長い氷食湖が多数あり,半島の南縁は背の低い針葉樹林となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コラ半島
こらはんとう
Кольский Полуостров Kol'skiy Poluostrov 

ロシア連邦北西部、ムルマンスク州にある半島。白海とバレンツ海を分ける。全域のほとんどが北極圏内にある。面積約10万平方キロメートル。半島西部は山地で最大標高1191メートル。沿岸をメキシコ湾流が洗うため気候は全般に温和で、半島北岸に不凍港をもつムルマンスク市がある。燐灰(りんかい)石、鉄鉱石、ニッケル、雲母(うんも)、陶土を産し、キーロフスクは代表的な鉱山都市。[小宮山武治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コラ半島の関連キーワードコラ半島超深度ボーリングラップランド自然保護区超深層学術ボーリングカレリア[共和国]サモエード諸語セベロモルスクルイバチー半島アフリカンダ岩フェルスマントウルヤイトルジャヴル岩チェレポベツウラル系諸族ラップランドロシア連邦エニセイ湾トウルヤ岩コヴドロ岩ラップ語サーミ語

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android