コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルダ コルダ Korda, Alexander

5件 の用語解説(コルダの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コルダ
コルダ
Korda, Alexander

[生]1893.9.16. プスタトゥルパスト
[没]1956.1.23. ロンドン
ハンガリー出身の映画監督プロデューサーヨーロッパ各国で映画監督を経験したが,1930年代以降はアメリカイギリスで活躍。ことにイギリスではプロデューサーとして優れた業績を残した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

コルダ
コルダ
Korda, Zoltan

[生]1895.5.3. プスタトゥルパスト
[没]1961.10.13. カリフォルニアハリウッド
ハンガリー出身の映画監督。 A.コルダの弟。イギリス,アメリカで映画を監督。主作品『ジャングル・ブックJungle Book (1942) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コルダ

英国の映画製作者,監督。ハンガリー生れ。欧米で映画監督をしたのち英国に渡り,1932年ロンドン・フィルムを創立し,英国映画の国際的地位を高めた。監督作品には《ヘンリー八世の私生活》(1933年)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

コルダ【Alexander Korda】

1893‐1956
世界をまたにかけて活躍したハンガリー生れの偉大な映画製作者および監督だが,とくにイギリス映画の地位を国際的に高めた功績で知られる。ブダペストに生れ,王立大学で学んだあと,新聞記者,映画評論誌の編集者を経て1914年に映画監督となる。19年,他の多くのユダヤ系映画人と同じように政治的動乱のうちに祖国を捨て,ウィーンベルリン,ハリウッド,パリで50本近くの作品を監督。その中には最初の妻マリアコルダ主演の《サムソンとデリラ》(1922,オーストリア)や《ハプスブルグ家の悲劇》(1924,ドイツ),マルセル・パニョル原作,脚本の《マリウス》(1931,フランス)等々がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コルダ
こるだ
Alexander Korda
(1893―1956)

イギリスの映画監督、製作者。ハンガリーのプスタトゥールパーストー生まれ。本名コルダ・シャーンドルKorda Sndor。オーストリア・ドイツ・アメリカ・フランスの映画界を経て、1932年、イギリスでロンドン・フィルムを設立。自ら製作・監督した『ヘンリー八世の私生活』(1933)が国際的に成功し、ハリウッド流の娯楽大作作りに乗り出す。その後は、『描かれた人生』(1936)、『美女ありき』(1940)といった監督作もあるものの、おもに製作に専念、『紅はこべ』(1934)、『来るべき世界』(1936)、『バグダッドの盗賊』(1940)などを完成させ、イギリス映画を代表する監督や俳優を多数世に送り出した。第二次世界大戦後は、1939年に、いったん解散したロンドン・フィルムを復活させ、『落ちた偶像』(1948)、『第三の男』(1949)、『ホフマン物語』(1951)、『超音ジェット機』(1952)、『リチャード三世』(1955)などの名作を手がけ、戦後イギリス映画に黄金期をもたらした。[宮本高晴]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のコルダの言及

【チャップリンの独裁者】より

…チャップリンの4日後に同じ貧困と無名のうちに生まれ,チャップリンとはいわば正反対の方向に進んで世界制覇の野望に燃えたヒトラーとそのファシズムに対して,チャップリンが〈たった1人の戦争〉をいどんだ作品で,〈時代の歴史〉に対するもっとも痛烈な風刺喜劇として評価されている。 そもそもの着想はイギリスのプロデューサー,アレクサンター・コルダによるもので,その内容が表ざたになると,駐英ドイツ大使の抗議,ヒトラーとゲッベルスからの直接的な圧力をはじめ脅迫状や製作中止勧告が相次いだが,チャップリンは独裁者ヒンケルとユダヤ人の床屋の二役をみごとに演じて,誇大妄想狂の〈独裁者〉の内面をあばいてみせた。〈世紀の6分間〉といわれているこの映画の締めくくりの演説については,露骨な政治的演説であるという批判も加えられたが,それに対してチャップリンは,ヒトラーとナチズムが倒れても世界に平和がおとずれない47年,戦争の非人間性を断罪する《チャップリンの殺人狂時代》を世に送ることになる。…

※「コルダ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コルダの関連キーワードオーストリアハンガリー帝国ハンガリー狂詩曲股に掛ける巡礼の年ハンガリー幻想曲ハンガリー国立交響楽団ハンガリー舞曲集ハンガリー岩バルトーク:15のハンガリー農民の歌/piano soloリスト:ハンガリー狂詩曲/piano solo

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コルダの関連情報