コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルドリエ・クラブ Club des Cordeliers

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コルドリエ・クラブ
Club des Cordeliers

フランス革命期のパリの有力な民衆協会。 1790年旧コルドリエ修道院内に設立された。正式名称は「人間と市民の権利の友の会」 La Société des Amis des Droits de l'Homme et du Citoyen。 J.マラー,G.ダントン,C.デムーランらに指導され,サン=キュロットに強い影響力をもち 91年7月のシャン・ド・マルスの請願を企画実行した。のち山岳派に合流した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コルドリエ・クラブ
こるどりえくらぶ
Club des Cordeliersフランス語

フランス革命期の大衆的政治クラブ。1790年から91年にかけて結成された人民的結社の一つ。パリの閉鎖中のコルドリエ修道院を本部としたのでこの通称でよばれたが、正式の名称は「人権の友の会」。地区の住民のデムーラン、ファーブル、ダントン、マラー、エベールなども会員だが、創立者が牧師や印刷工であったことが示すように、サン・キュロットとよばれる小ブルジョアジーを主体とした。シャン・ド・マルスの大衆請願(1792.7)では失敗し弾圧されたが、以後92年8月10日、93年6月2日のパリ市民の蜂起(ほうき)の一翼を担い、恐怖政治の下ではアンラジェ(過激派)、エベール派の拠点となり、これと運命をともにした。[樋口謹一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コルドリエ・クラブの関連キーワードエベール(Jacquesコルドリエ・クラブラ・ファイエットシャボルー

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android