コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルナイ コルナイ Kornai János

2件 の用語解説(コルナイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コルナイ
コルナイ
Kornai János

[生]1928.1.21. ブダペスト
ハンガリーの経済学者。ブダペスト大学でおもに哲学を学び,1948~54年新聞社で経済部記者として活躍。 55年ハンガリー科学アカデミー付属経済研究所に移り,主として軽工業の実証研究に従事 (1958~63年繊維研究所主任研究員として出向) ,63年数理・計算センター部長,73年以降同研究所顧問。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コルナイ
こるない
Jnos Kornai
(1928― )

ハンガリーの経済学者。ブダペスト大学で哲学を学び、1948年から1954年まで新聞社の経済記者として活躍、1955年科学アカデミー経済研究所に移る。スターリン批判の年、1956年に発表された『経済管理の過度集権化』は英訳も刊行され内外で注目された。ついで数理経済学に転進、サイバネティックス的手法で新古典派一般均衡論を批判した『反均衡論』(1971)でその地歩を確立、全2巻の大著『不足の経済学』(1980)で世界的な経済学者としての令名を高めた。1982年ハンガリー科学アカデミー正会員。1983年(昭和58)来日した。1980年代末からハーバード大学教授兼任。東欧革命直後に刊行した『自由経済への道』(1990)以降、一時は新経済自由主義に傾斜したが、まもなく軌道修正、ブダペストに設立した高等研究所「コレギウム・ブダペスト」とハーバード大学を拠点に活動している。1992年には大著『社会主義経済システム――共産主義政治経済学』を著した。2000年には内外の著名な経済学者多数が寄稿した70歳記念論集も刊行されている。なおコルナイは、国有企業に対する国家の温情主義的管理のため、企業の予算制約が「ソフト」(資本主義は「ハード」)になり、企業は効率化を強制されないという社会主義経済の根本的病理を「ソフトな予算制約」という概念で確立した。[佐藤経明]
『岩城博司・岩城淳子訳『反均衡の経済学』(1975・日本経済新聞社) ▽盛田常夫・門脇延行編・訳『反均衡と不足の経済学』(1983・日本評論社) ▽盛田常夫編・訳『「不足」の政治経済学』(1984・岩波書店) ▽盛田常夫編・訳『経済改革の可能性』(1986・岩波書店) ▽佐藤経明訳『資本主義への大転換――市場経済へのハンガリーの道』(1993・日本経済新聞社) ▽盛田常夫訳『コルナイ・ヤーノシュ自伝――思索する力を得て』(2006・日本評論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コルナイの関連キーワードブダペスト弦楽四重奏団ブダブダペシュトブダペスト交響楽団ブダペスト祝祭管弦楽団ブダペスト・フィルハーモニー管弦楽団ブダペスト秋の祭典ブダペスト春の祭典ブダペスト・バロック・フェスティバルブダペストの要塞

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コルナイの関連情報