コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コロス Choros

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コロス
Choros

合唱舞踊団。ギリシア劇において,筋の直接の展開から離れて,解説者や批判者として劇に参加する俳優の一群。初期においては合唱団 (コロス) が劇の主要部分を占めていたが,後期になるにしたがい,その重要度を減じ,エウリピデスの作品ではほとんど名目的なものとなった。合唱団の人数も,テスピス時代の 50人から前5世紀末には 15人となり,ついにテレンチウスやプラウツスなど,ローマの劇作家の作品からは姿を消すにいたった。しかし,20世紀になって,T.S.エリオットの『寺院の殺人』 (1935) や A.ミラーの『橋からの眺め』 (55) など,コロスの機能を再び取入れた作品も出ている。 (→アッチカ悲劇 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

コロス(〈ギリシャ〉choros)

古代ギリシャ劇の合唱隊。劇の状況を説明するなど、進行上大きな役割を果たす。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

コロス

古代ギリシアにおける合唱歌,合唱隊。コーラス(合唱)の語源。祭祀(さいし)などの場で広く行われていたコロスの歌や舞踊のなかから喜劇や悲劇が生まれたといわれ,古典劇においては劇中に登場して劇の進行に大きな役割を果たした。
→関連項目アイスキュロス管弦楽ギリシア悲劇コロソフォクレステスピス舞台

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コロス【choros】

古くギリシア語では〈踊りの場〉を意味する語であったが,古典期においては,共同体の祭祀で神々に奉納される合唱歌や,市民の冠婚葬祭に歌われる合唱歌,またそれらを歌う合唱隊を指すものとなった。英語のコーラスなどはこの語に由来する。現存する最古のコロス(歌)の歌詞は,前7世紀スパルタの詩人アルクマンが,乙女たちが歌う祭祀歌として作したものであるが,2連一組で同一の律形を繰り返す対応形式を示しており,2組の合唱隊が交互に同一の旋律に従って歌と舞踊を繰り返したと解釈するむきもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

コロス【khoros】

古代ギリシャ劇の合唱隊。劇中で群衆の役を演じ、また筋の説明をして進行をたすけた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のコロスの言及

【合唱】より

…世界各地の民謡などには多声部のものも多く,ロシア民謡や黒人霊歌などはよく知られている。 古代ギリシア劇のコロスはユニゾンによる歌と舞踏が一体となったもので,合唱を意味するラテン語,英語のコーラス,ドイツ語のコールChor,フランス語のクールchœur,イタリア語のコロcoroの語源は,このコロスに由来する。中世には文化的中心でもあったキリスト教の典礼音楽が発達し,初期ポリフォニー音楽が生まれた。…

【ギリシア音楽】より

…前5世紀には文芸の中心がアテナイに移り,悲劇や喜劇が開花する。これは演劇と舞踊と音楽が一体となった総合芸術で,特に音楽的に重要なのはコロス(合唱隊)である。コロスは悲劇の三大詩人アイスキュロス,ソフォクレス,エウリピデスの時代にはほぼ12~15人の集団で,オルケストラorchēstraとよばれる円形の舞台上で歌ったり踊ったりした。…

【ヒュブリス】より

…思いどおりに事が運んで繁栄の極みにある人間が,幸運に酔いしれ,あるいはみずからの力を過信して,ときには神々に対してさえ示す思い上がった言動,それがヒュブリスで,こうした人間の分をわきまえぬ傲(おご)りや昂(たかぶ)りは,かならずや天罰(ネメシス)を招き,人を破滅させずにはおかないものと考えられた。文学作品では神格化されて,コロスKoros(〈飽満〉)の母とも娘とも,またアテAtē(〈破滅〉)の母とされることもある。【水谷 智洋】。…

※「コロス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コロスの関連キーワード漫画ペコロスの母に会いに行くアポロニオス・デュスコロスペコロスの母に会いに行くソルジャーズ・アイランドアレクサンドリア学派海へ騎り行く人々ヘロディアノスA. リカルテフメリニツキープリスキアヌス盗賊教会会議ギリシア文学ステシコロスゴーボダック愛知県知多市ギリシア音楽ギリシア演劇ギリシャ悲劇エピカルモスフリュニコス

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コロスの関連情報