コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コロボックル コロボックル Korobokgur

4件 の用語解説(コロボックルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コロボックル
コロボックル
Korobokgur

コロポックルともいう。アイヌの伝説に現れる矮小民族。アイヌ語で「ふきの葉の下の人」の意で,雨が降ると1本のふきの葉の下に何人かが集ることができるほど小さかったという。伝説によれば,アイヌ以前に先住していた民族で,初めアイヌと平和に交際していたが,のち争いを起して北方に去った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

コロボックル

コロポックル

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コロボックル

北海道アイヌの伝説に出てくる小人で,〈フキの下の人〉の意。竪穴の住居に住み,漁に巧みで,アイヌに友好的な人びとという。坪井正五郎は日本の石器時代人はコロボックルであるという説を唱え(1887年),鳥居竜蔵小金井良精らと論争した(コロボックル論争)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

コロボックル【Korobokkur】

北海道のアイヌの説話に登場する小人。コロポックルコロポクグルともいい,サハリン(樺太)のトンチトンチも同類とみられる。コロボックルはKor‐pok‐un‐kur(〈フキの下にいる人〉の意)の縮約形で,フキの葉の下に2~3人が入れるほど体が小さいことからつけられた名といい,また屋根をフキでふいた家に住むからともいう。各地の伝承を総合すると,コロボックルは北海道原住民で,竪穴(たてあな)の住居に住み,小柄ではあるが漁猟が巧みで,アイヌには友好的な民族であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コロボックルの関連キーワードアイヌ文化振興法アイヌ犬コロポックルアイヌ民族博物館アイヌ古式舞踊ションコ白沢ナベ中村要吉山本多助吉田菊太郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コロボックルの関連情報