コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンドッティエーレ condottiere

世界大百科事典 第2版の解説

コンドッティエーレ【condottiere】

〈指揮する〉または〈雇う〉を意味するラテン語conducereに由来し,〈傭兵契約condotta〉を結んだ者=傭兵隊長を示すイタリア語。請負兵員数,奉仕の期間と義務,支払方法等を定めた契約が,13世紀中頃から作成され始める。都市の繁栄とともに市民軍の中核を占めた富裕層が,軍役代納金を払って軍隊から離脱し,その穴埋めに傭兵が導入される。十字軍熱の後退や百年戦争終結で生じた失業騎士の群が,教皇,皇帝,アンジュー家などのイタリア経略のために,イタリアの貴族・君主・都市国家間の争乱状態の中に投入されたことや,槍騎兵や石弓隊などの軍事技術の改良と専門化を契機に,その数を増大させた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コンドッティエーレ
こんどってぃえーれ
condottiereイタリア語

請負兵隊数、契約期間、支払い方法、奉仕義務などを盛り込んだ契約を雇用主との間で結んだイタリア・ルネサンス期の傭兵(ようへい)隊長。傭兵契約は、13世紀中ごろから都市と隊長との間で盛んに作成されるようになる。都市の繁栄とともに、中核の富裕市民が市民軍から離脱していき、十字軍熱が後退し百年戦争による野武士が増大し、教皇、皇帝、アンジュー家などによるイタリア経略が行われるなどいろいろの理由により、14世紀末~16世紀にはコンドッティエーレが軍隊の招集と指揮の主要手段となる。初め外人傭兵が多かったが、イタリア地方貴族の傭兵がこれにとってかわった。そのなかから、スフォルツァ家など君主や新封建貴族層に成り上がる個性豊かなコンドッティエーレが輩出し、イタリア・ルネサンス文化を華やかに彩る。[佐藤眞典]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コンドッティエーレの関連キーワードフェデリコ・ダ・モンテフェルトロアンジュー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android