コンバイン(英語表記)combine

翻訳|combine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

稲やなどの穀物の刈取り,脱穀をあわせ行う機械圃場を進行しながら刈取りと同時に脱穀選別を一貫して完了できるもので,農業機械のうち最も複雑大規模,能率的なものである。日本では,1962年に農業構造改善事業が実施されて以来,平野部の稲作地帯にこの種の小型コンバインが採用されるようになった。日本独特の超小型コンバインとして,穂刈型コンバインや自動脱穀機を応用した自脱型コンバインがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

刈り取り・脱穀・選別を、1台で同時にできる農機具。刈り取り脱穀機。
結合して一体にすること。結びつけること。合体させること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

穀物を刈り取りつつ脱穀,選別を同時に行う収穫用機械。自走式がふつうである。バリカンのような刃で立毛を刈り,回転こき胴で脱粒,ふるいと送風機で穀粒とわらくずを選別,穀粒は袋詰めして,またはばらのままトラックに移し,わらは機外に排出する。元来,米国などの大規模農業で発達した大型機械であるが,日本では農地の条件に合わせた自脱コンバイン(わらを選別部に入れない形のもの)が作られている。→農業機械
→関連項目千歯扱きバインダー(農業)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

元来combined harvester and thresherと呼ばれ,刈取作業と脱穀,選別作業を走りながら同時に行う高能率の収穫機である。穀物(イネ,ムギ)用,豆類用などがある。コンバインには大別して2種類ある。一つは普通コンバインと呼ばれ,アメリカなどで開発されたもので,刈り取った刈りわら(穂つきのわら)ごと脱穀部に入れてしまうため,脱穀,選別部が大型になる。他の一つは自脱コンバインといい,日本で開発されたもので,わらを選別部に入れない形のものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

組み合わせた。一体化した。
一台で、刈り取り・脱穀・選別の機能を兼ね備えた大型の農機具。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田や畑の上を走行しながら、イネ、ムギ、ダイズ、トウモロコシなどの穀物を収穫し脱穀作業などを行う農業機械。コンバイン・ハーベスターcombine harvesterの略語である。「コンバイン」は組み合わせる、結合するという意味の英語であり、このことばに収穫機械という意味はもともとなかったが、刈取り機と脱穀機を組み合わせた収穫機械をコンバイン・ハーベスターとよび、その略称としてコンバインということばが広く使われるようになった。
 コンバインは、ムギなどの穀物の収穫作業を効率的に行うために、19世紀中ころにアメリカで発明された。初期のコンバインは畜力式であったが、20世紀になると内燃機関を搭載した動力式のコンバインとして進化し、今日のコンバインの原型となった。コンバインは、バリカンやディスク状の刃の刈取り部、刈り取った収穫物の搬送部、穂や茎から実を取り出す脱穀部、脱穀した穀粒を一時貯留するグレインタンク、排藁(わら)処理部などから構成されている。
 日本では水田という湿地を走行するために装軌式(通称キャタピラー)の走行装置をもち、穂の部分だけを脱穀部に入れる独自の脱穀部をもつ自動脱穀コンバイン(いわゆる自脱コンバイン)が1967年(昭和42)に市販化されている。コンバインはその後も進化を続け、狭小な農地での収穫が可能なものや、傾斜地での収穫が可能なものも普及してきている。また、位置情報をGPS(全地球測位システム)でとらえながら収穫時の穀物の重さや水分などを逐次測定し、収量分布をコンピュータに取り込むことができるような収量コンバインも使われるようになった。さらに今日では、収穫作業を無人でできるようなロボットコンバインも登場してきている。[谷脇 憲]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (combine)
① 組み合わせて結合すること。また、兼ね備えること。〔外来語辞典(1914)〕
② 刈取り、脱穀、精選の機能を兼備した農機。刈取り脱穀機。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のコンバインの言及

【農業機械工業】より

…営農作業は整地耕耘(こううん)作業から,収穫調製作業などまで数段階に及ぶため,機械の種類が多い。用途別にみると,整地耕耘用機械(装輪式トラクター,動力耕耘機など),栽培用機械(田植機,野菜苗移植機など),管理用機械(噴霧機,散粉機など),収穫調製用機械(稲麦刈取機,刈払機,コンバイン,脱穀機,籾すり機,乾燥機など),飼料用機械(飼料さい断機など),穀物処理機械(精米麦機,製粉機械,製めん機など),製茶用機械などがある。日本の1997年の農業機械の生産額は6024億円で,そのうち装輪式トラクター(2194億円),動力耕耘機(318億円),田植機(532億円),コンバイン(1526億円)などの占める割合が高い(通産省〈生産動態統計〉による)。…

【農具】より

…やがてエンジンの回転動力により,播種機や刈取機(車輪から回転動力をとる畜力用は,すでに南北戦争のころ完成していた)を動かすようになった。脱穀には,これもすでに発明されていたスレッシャーが刈取機とともにトラクターと一体化され,その名もコンバインド(結合された)・ハーベスター(略してコンバイン)として19世紀から20世紀にかけてのアメリカ農業の動力機械化をさらに推し進め,その影響は半世紀遅れてヨーロッパに,そして世界中に及んだ。【飯沼 二郎】【堀尾 尚志】
【中国】
 中国における古代の農業の中心は華北乾地農法で,その作業は大略,耕起→整地(耙,労(耮(ろう)))→播種→整地(耙労,除草,中耕など)→収穫→調整という手順である。…

※「コンバイン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コンバインの関連情報