コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンピュータ・ウイルス Computer Virus

翻訳|Computer Virus

2件 の用語解説(コンピュータ・ウイルスの意味・用語解説を検索)

パソコンで困ったときに開く本の解説

コンピュータ・ウイルス

外部から入り込んで、ファイルを破壊したり、正常な動作を妨害したりする悪質なソフトの総称です。技術的にはウイルスといえない「ワーム」や「トロイの木馬」、「スパイウエア」などもまとめて「ウイルス」と呼ぶこともあります。基本的に、ウイルスは動き出してしまったらもう手遅れです。ウイルス対策ソフトを使って、動き出す前に発見、削除することが重要です。電子メールウェブページを介して広まり、きわめて短時間広範囲に被害が広がるため脅威となっています。USBメモリーのやり取りを通じて感染することもあります。狭義のウイルスは、別のファイルと一体化していて、そのファイルを開くと動き出し、別のファイルに自分のコピーをくっつけて被害を広げます。一連の動きが病原体のウイルスの潜伏、発症、感染に似ていることから「ウイルス」という名になりました。
⇨USBウィルス、スパイウエア、
トロイの木馬、マルウエア、ワーム

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
パソコンで困ったときに開く本について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コンピュータ・ウイルス
こんぴゅーたういるす

プログラムやデータの中に悪意をもってひそかに組み込まれたプログラム。それを知らずにコピーして、コンピュータ上で稼働させると、ウイルスプログラムが動き出して、コンピュータ上の記憶内容をかってに破壊するなどの害をもたらす。エクセル(EXCEL)のマクロや、メールの添付書類に組み込まれるウイルスもある。「ワクチン」とよばれるウイルスを検出、除去するプログラムがつくられている。ウイルスに感染しない最良の手だては、身元が不確かなプログラムやデータを取り込まないこと、そして常時、ワクチンプログラムを走らせることである。[田村浩一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コンピュータ・ウイルスの関連情報