コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンブ(昆布) コンブLaminaria; kelp

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンブ(昆布)
コンブ
Laminaria; kelp

褐藻類コンブ科に属する大型の海藻。マコンブ L. japonica,ミツイシコンブ L. angustata,ホソメコンブ L. religiosaなどいろいろの種がある。寒流の影響をもつ北海道の漸深帯に分布する。重要な食用海藻。なかでもマコンブは最も大きく,帯状で長さ2~6m,幅 30cm,厚さ 3mmになり,じょうぶな縦に並んだ仮根で岩盤などに着生している。質は革質,褐色。粘液腺があるので濡れている状態ではなめらかである。またミツイシコンブは長さ2~6m,幅6~15cm,仮根は輪生であり,ホソメコンブは長さ 2m以下,幅6~9cmで前2者よりもずっと小さく産地は比較的南部に多く三陸沖にまで及んでいる。生殖は葉状体の下部表面に生じる無数の遊走子嚢が成熟して放出する遊走子によって行われる。遊走子はいったん発芽して,雌雄の糸状体となり,そのおのおのに生卵器と造精器とを生じたうえで,精子が卵子に達して受精し,それが生長して葉状体となる。すなわち明瞭な無性,有性の世代の交替を行いつつ生殖する。貯蔵性物質としてマンニットやラミナリンをつくり,また細胞壁中には工業用として用途の広いアルギン酸を多量にたくわえている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

コンブ(昆布)【コンブ】

褐藻類コンブ科コンブ属およびそれに近縁な海藻の総称。日本近海の代表的な種類にマコンブ,リシリコンブ,ミツイシコンブなどがある。いずれも寒流の影響の強い北海道や東北地方の海岸に分布し,おもに低潮線以下の岩上にはえる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コンブ【コンブ(昆布)】

褐藻類コンブ科の一群の海藻。日本沿岸では約18種見いだされているが,食用とするのはマコンブLaminaria japonica Areschoug(イラスト),リシリコンブL.ochotensis Miyabe,ミツイシコンブL.angustata Kjellm.(イラスト),ナガコンブL.longissima Miyabe,ホソメコンブL.religiosa Miyabe,ネコアシコンブArthrothamnus bifidus (Gmelin) Rupr.(イラスト),ガツガラコンブL.coriacea Miyabe(別名アツバコンブ),カキジマコンブL.longipedalis Okam.(別名クキナガコンブ),トロロコンブKjellmaniella gyrata (Kjellm.) Miyabe(イラスト),チヂミコンブL.cichorioides Miyabeなどがあり,なかでも前5種がよく利用される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のコンブ(昆布)の言及

【採草採貝業】より

…水深20mぐらいまでの藻類が対象なので,漁業の規模は小さく,3トン未満の漁船による操業がほとんどである。おもな対象種は,食用とするコンブ,ワカメと寒天原料のテングサ,オゴノリなどである。コンブは北海道周辺と青森県北部の一部で夏採取され,だいたい年間10万~15万tの水揚げがある。…

【出陣】より

…武士が戦場に赴くことをいう。一般に出陣にさいしては出陣式が行われた。これは戦陣作法の一つで戦闘に臨み武将以下士卒が行う士気高揚のための儀式であった。元来,陣とは公卿が禁裏に参内し列座する所の意味であったが,転じて軍兵の営屯する場所をさすようになった。陣営なる語がこれで,出陣とはまさにこの陣に赴く行為をいう。出陣の儀式が故事による式法にのっとり体系化されたのは後世のことである。出陣に臨み武将以下が列座し,鮑(あわび)・勝栗・昆布で三献の儀式が行われたことは《鎌倉年中行事》にも見えており,鎌倉時代以降しだいに一般化した。…

※「コンブ(昆布)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コンブ(昆布)の関連キーワードグルタミン酸昆布巻きエビスメ昆布茶日本語

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android