コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーティング coating

翻訳|coating

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コーティング
coating

レンズ表面に,ガラスより屈折率の小さい薄膜(フッ化マグネシウムフッ化カルシウムなど)をつけること。反射率が減少するため,レンズの明るさの損失を防ぐことができる。さらに逆光撮影時でもフレアやゴーストの発生を防ぎ,クリアでコントラストの高い写真が撮れる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

コーティング(coating)

[名](スル)物体の表面に薄膜を付着させておおうこと。レンズの表面反射を防ぐため、表面を弗化(ふっか)マグネシウムなどの薄膜でおおったり、合成樹脂などの被膜で布・紙の表面を防水・耐熱加工したりすることなど。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

コーティング

 本来表面を覆うこと.菓子などの表面を種々の素材で覆う場合にも使われる.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

パラグライダー用語辞典の解説

コーティング

キャノピーのクロス(布)に、コーティングを行い空気が透過しないようにしている。初期のパラグライダーには、このコーティングの悪い物があり、短期間で寿命となったものが有ったが、最近ではかなり研究されキャノピーの耐久性が向上した。

出典|パラグライダー用語辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

コーティング【coating】

( 名 ) スル
レンズの表面にフッ化マグネシウムなどの薄い膜をつくること。光が入射する際の反射損失を防ぐ。
耐熱・防水加工のために、木材・布地などをゴム・パラフィン・合成樹脂などでおおうこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のコーティングの言及

【薄膜】より

…〈うすまく〉ともいい,コーティングcoating,あるいは単に膜などとも呼ぶ。類語として,foil,layerがあるが,現在は,前者には箔,後者には層という訳語がつけられている。…

※「コーティング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コーティングの関連キーワードヒドロキシプロピルメチルセルローストップス チョコレートケーキつぶ塩レモンキャンデーフィンガーチョコレートパンワークチョコレートスーパーBIGチョコ日本一なが~いチョコChocoBariマルチコーティング押出しラミネート法ミラクルチョコバーどでかばーチョコ焼きたてパン工房ブラックサンダーガリシオ チョコつぶ塩レモングミコーテッドレンズチョコマシュマロショコラBAR板チョコモナカ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コーティングの関連情報