コーナー

精選版 日本国語大辞典「コーナー」の解説

コーナー

〘名〙 (corner)
。かど。
(イ) 陸上競技のトラック、あるいは競馬場などの曲がりかど。
※陸上競技の研究(1921)〈寺田瑛〉九「走路の(コーナー)を廻る時には」
(ロ) 野球ストライクゾーンのうち、打者にもっとも近いきわと、もっとも遠いきわの部分。
※日本野球史(1929)〈国民新聞社運動部〉カーヴ練習の苦心「マックネインのサイン通りにコーナーを通して曲げたり」
(ハ) ボクシングやプロレスのリングの隅。
※まんだん読本(1932)拳闘と説明者〈井口静波〉「相手が倒れましたら自分のコーナーへ帰って相手の立上るまで待っています」
(ニ) 部屋などの隅。
鴛鴦の間(1955‐56)〈舟橋聖一〉七「五、六人の子をひきつれて、コーナーのシートを占めた」
(ホ) 売場などで、特定のものを扱っている小区画。また、ある目的のために設けられた一区画。実際に隅や角にあるかどうかに関係なくいう。
※死角(1961)〈水上勉〉二「四階売り場の婦人服コーナーを占拠した『大洋紡』が」
② 隅、かどに置いたりはったりするもの。
(イ) 流し台の隅にとりつける野菜くず入れ。
(ロ) アルバムに写真をはる時に、四すみにつけてとめるもの。
③ ある目的のために設けられた欄や時間帯。
※男の遠吠え(1974‐75)〈藤本義一〉偽賢明「質問のコーナーなのに、突如高村光太郎論のひとくさりを聞かされてしまったりする」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「コーナー」の解説

コーナー(corner)

リングやグラウンド、また、部屋・流し台などの隅・角。「コーナーに追いつめる」「部屋のコーナーに置く」
道路・競走路などの曲がり角。「第四コーナーを回る」
野球で、ストライクゾーンの隅。「コーナーをつく投球
売り場・催し物会場などに設けた一区画。「スポーツ用品のコーナー」「模擬店コーナー
放送番組や新聞の紙面などで、その一部分に特設された一区画。「リクエストコーナー
写真をアルバムにはるとき、四隅を留めるもの。
[類語]曲がり角町角隅っこ端っこ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android