コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コールドチェーン こーるどちぇーん cold chain

5件 の用語解説(コールドチェーンの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

コールドチェーン

生鮮食品や冷凍食品などを、産地から消費地まで一貫して低温・冷蔵・冷凍の状態を保ったまま流通させる仕組み。医薬品や電子部品などを一定の温度で管理するのにも利用されている。低温流通体系と訳される。
肉や魚、野菜などの生鮮食品乳製品や惣菜などの要冷蔵食品は、鮮度を維持し品質の劣化を防ぐために低温管理が求められる。特に、冷凍・冷蔵技術や輸送技術の発達、加工食品や調理済み食品の浸透、中食・外食需要の増加などに伴い、多くの人の手を経て広域流通されるものが増えてきたことから、それぞれの食品に応じた温度帯で管理しながら、流通の各段階を切れ目なく結ぶことがより重要になってきた。このように途中で途切れることなく一定の温度を保つためには、加工施設や小売店舗における温度管理のみならず、保管倉庫や配送トラックコンテナなども一定の温度で管理できることが必要で、こうした整備が徐々に進んできたことでコールドチェーンが構築されてきた。

(原田英美  ライター / 2011年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

コールド‐チェーン(cold chain)

低温物流

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

農林水産関係用語集の解説

コールドチェーン

生鮮食料品等を、生産段階から消費段階まで所定の低温に保ちながら流通を図る低温流通機構

出典|農林水産省
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

コールドチェーン

 コールドチェーンシステムともいう.食品鮮度を維持するため,低温に維持しながら生産者から消費者へ流通させる方式を全体的にいう.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

コールドチェーン【cold chain】

冷凍・冷蔵によって低温を保ちつつ、生鮮食料品を生産者から消費者まで一貫して流通させるしくみ。低温流通体系。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コールドチェーンの関連キーワードコールド・チェーン産直生鮮食品生鮮食料品保冷車冷凍食品の日急速冷凍食品食品流通調理済冷凍食品冷凍変性

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コールドチェーンの関連情報