コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴシュユ Evodia rutaecarpa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴシュユ
Evodia rutaecarpa

ミカン科の落葉小低木。葉は対生し2~5対の小葉をもつ奇数羽状複葉である。中国原産で享保年間 (1716~36) に,呉茱萸 (ごしゅゆ) と呼ばれる果実を漢方の香辛性健胃剤とするために輸入したという。なお同属の植物としてハマセンダン E. glaucaが九州の山地に,またオガサワラゴシュユ E. boninensis小笠原諸島に自生する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ゴシュユ

中国原産のミカン科の落葉小高木。全体に特有の芳香がある。葉は対生し,7〜9枚の小葉からなる奇数羽状複葉。初夏,枝先に多数の緑白色の小花を開く。雌雄異株。日本では雌株しか栽培されず,種子はできないが赤色扁球形になる果実を呉茱萸(ごしゅゆ)といい,漢方では健胃・利尿剤とし,また殺虫剤,浴湯料とする。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴシュユ
ごしゅゆ / 呉茱萸
[学]Evodia rutaecarpa (Jussieu) Benth.

ミカン科の落葉小高木。高さ2.5~5メートル。葉は対生し、奇数羽状複葉で、長さ15~35センチメートル。小葉は5~11枚つき、質は厚く全縁でほぼ楕円(だえん)形をなし、先端は急にとがる。両面に淡黄褐色の長い柔毛を密生する。雌雄異株。8月ころ枝端に散房花序をつけ、淡緑白色の花を多数開く。花軸は太く、毛を密生し、花弁は5枚、楕円形で、内側に白色の長い毛を密生する。子房は円球形で、成熟すると紫紅色となり、表面に粗大な腺点(せんてん)が現れる。これをつぶすと独特の強い香りを発する。中国の中南部原産で、揚子江(ようすこう)以南で広く栽培される。日本には1720年ころ雌木だけ渡来し、いまでは各地に生育している。
 漢方では、やや成熟した果実を乾燥したものを呉茱萸とよぶ。精油とアルカロイドを含有し、鎮痛、健胃、止瀉(ししゃ)、駆虫作用があるので、頭痛、腹痛、嘔吐(おうと)、冷え症などの治療に用いられる。
 ゴシュユは、中国北部と朝鮮半島に野生するシュユ(イヌゴシュユ)E. daniellii Hemsleyに対し、南方すなわち古代の呉(ご)のシュユという意味の名称である。ニセゴシュユとよぶこともあるが、中国にあり、ゴシュユの変種であるホンゴシュユと同様に薬用に供されるので、ニセを冠した呼称はよくない。[長沢元夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ゴシュユの関連キーワードチェンユワン(鎮遠)県呉茱萸・唐薑キク胡櫅秦椒鼬木唐薑川薑