コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴドーを待ちながら ゴドーをまちながら En attendant Godot

4件 の用語解説(ゴドーを待ちながらの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴドーを待ちながら
ゴドーをまちながら
En attendant Godot

アイルランド生れのフランスの小説家,劇作家サミュエル・ベケットの戯曲。2幕。 1952年刊。 53年パリのバビロン座でロジェ・ブラン演出により初演,前衛劇としては例外的な成功を収めた。2人の浮浪者が田舎道でゴドーという人物を待ち続ける場面が繰返されるだけの芝居で,既成の演劇概念の否定のうえに立ち,実存の不条理など,現代の存在論的不安を扱った形而上的主題にもかかわらず,すべてが具体的で舞台的であるこの戯曲は,今日では現代演劇の代表作と認められている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ゴドーをまちながら【ゴドーを待ちながら】

《原題、〈フランス〉En attendant Godotベケットの戯曲。2幕。1953年初演。現代演劇に大きな影響を与えた不条理演劇の代表作。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ゴドーをまちながら【ゴドーを待ちながら】

S =ベケットの戯曲。1953年初演。現代劇を革新した不条理劇の代表的作品。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴドーを待ちながら
ごどーをまちながら
En attendant Godot

フランスの劇作家、S・ベケットの戯曲。1952年フランス語で発表。初演は翌年パリ。著者による英訳版(1954)には「二幕の悲喜劇」と副題がついている。木が1本生えているだけの田舎(いなか)道で、2人の浮浪者が、待ち合わせの約束をした(と彼らは信じている)ゴドーを待つが、待ち人はこず、かわりに主人(ポッツォ)と召使い(ラッキー)の2人連れが通りかかる。そのあと少年が現れ、ゴドーさんは今日はこられないが明日はきっとくると伝言し、第1幕が終わる。第2幕も似たような展開をみせる。伝統的作劇法を完全に無視して、サーカスや寄席(よせ)の道化(どうけ)芝居に近い体裁のもとに、何かを待ち続ける現代の人間の条件をみごとにとらえた作品。初演時には反発や困惑の嵐(あらし)を巻き起こしたが、その後「不条理演劇」の元祖としてのみならず、現代演劇全体を革新した記念碑的傑作として、いまもその謎(なぞ)めいた魅力は衰えていない。[高橋康也]
『『ベケット戯曲全集』(1967・白水社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゴドーを待ちながらの関連キーワードアイルランドアイルランド海アッシュゴンクールフランス領ソマリランドゴライの悪魔アイルランドの子守唄赤い輪アイルランド[島]マチューリン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゴドーを待ちながらの関連情報