ゴドーを待ちながら(読み)ゴドーをまちながら(英語表記)En attendant Godot

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴドーを待ちながら
ゴドーをまちながら
En attendant Godot

アイルランド生れのフランスの小説家,劇作家サミュエル・ベケット戯曲。2幕。 1952年刊。 53年パリのバビロン座でロジェ・ブラン演出により初演前衛劇としては例外的な成功を収めた。2人の浮浪者田舎道でゴドーという人物を待ち続ける場面が繰返されるだけの芝居で,既成の演劇概念の否定のうえに立ち,実存の不条理など,現代の存在論的不安を扱った形而上的主題にもかかわらず,すべてが具体的で舞台的であるこの戯曲は,今日では現代演劇代表作と認められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ゴドーをまちながら【ゴドーを待ちながら】

S =ベケットの戯曲。1953年初演。現代劇を革新した不条理劇の代表的作品。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴドーを待ちながら
ごどーをまちながら
En attendant Godot

フランスの劇作家、S・ベケットの戯曲。1952年フランス語で発表。初演は翌年パリ。著者による英訳版(1954)には「二幕の悲喜劇」と副題がついている。木が1本生えているだけの田舎(いなか)道で、2人の浮浪者が、待ち合わせの約束をした(と彼らは信じている)ゴドーを待つが、待ち人はこず、かわりに主人(ポッツォ)と召使い(ラッキー)の2人連れが通りかかる。そのあと少年が現れ、ゴドーさんは今日はこられないが明日はきっとくると伝言し、第1幕が終わる。第2幕も似たような展開をみせる。伝統的作劇法を完全に無視して、サーカスや寄席(よせ)の道化(どうけ)芝居に近い体裁のもとに、何かを待ち続ける現代の人間の条件をみごとにとらえた作品。初演時には反発や困惑の嵐(あらし)を巻き起こしたが、その後「不条理演劇」の元祖としてのみならず、現代演劇全体を革新した記念碑的傑作として、いまもその謎(なぞ)めいた魅力は衰えていない。[高橋康也]
『『ベケット戯曲全集』(1967・白水社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ゴドーをまちながら【ゴドーを待ちながら】

(原題En attendant Godot) アイルランド生まれのフランスの作家サミュエル=ベケットの戯曲。一九五二年にフランス語で発表、翌年パリで初演。待ち合わせの約束をしたと勝手に信じ込んでいる二人の浮浪者が、ゴドーの出現を待ちつづけるという筋。不条理演劇の先駆的な役割を果たした作品。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ゴドーを待ちながらの関連情報