ゴブリン(英語表記)goblin

翻訳|goblin

デジタル大辞泉「ゴブリン」の解説

ゴブリン(goblin)

ヨーロッパの伝説などに登場する小鬼。
(Goblin)太陽系外縁天体の一。小惑星センターによる仮符号2015TG387を割り当てられた同天体の愛称。2015年、カーネギー研究所の観測チームがすばる望遠鏡で発見。発見時の太陽からの距離は80天文単位公転周期は3万年以上。極端に離心率が大きい長楕円軌道を描き、遠日点の距離は約2300天文単位であると推測されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「ゴブリン」の解説

ゴブリン

イギリスのいたずら好きの小人の精霊。同種のものにドイツのコーボルト,フランスのゴブランがある。大地,鉱山,馬などに関係づけられることが多い。
→関連項目パック

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「ゴブリン」の解説

ゴブリン【Goblin】

醜い小人の姿をした意地の悪い精霊。森や洞窟に住むといわれ,ドイツのコーボルト,フランスのゴブランGobelinと同義。子どもと馬を好み,たてがみをくしけずったり,悪い子どもをさらうと信じられ,昔,乳母たちは〈ゴブリンが食べに来るよ〉と言って子どもを寝かしつけた。アングリア地方の幼児語ではポーキー・ホーキーPokey‐hokeyという。同類のホブゴブリンHobgoblinはいたずらだが家事の手伝いをする良い家霊とされる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android