ゴースト・ダンス(読み)ごーすとだんす(英語表記)ghost dance

翻訳|ghost dance

日本大百科全書(ニッポニカ)「ゴースト・ダンス」の解説

ゴースト・ダンス
ごーすとだんす
ghost dance

19世紀後半に北米先住民(アメリカ・インディアン)の間におこった千年王国論的な宗教運動。1870年にネバダ州の先住民パイユートのウォボカという予言者(救世主)によって始められた。ゴースト・ダンス(幽霊踊り)とよばれる儀礼を行うことによって、死者の霊がよみがえり、バッファローの大群が再来し、白人消滅し、昔の楽園がもたらされると信じられた。初めは一部のインディアンの間ではやっただけであったが、1886年にアパッチの首長ジェロニモが降伏するなど、インディアンの白人に対する武力抵抗が最終的に敗北するとともに、1890年、経済的困窮、人口減少に苦しむ大盆地インディアン、平原インディアンの間に大流行した。ゴースト・ダンスは、メラネシアのカーゴ・カルト(積み荷崇拝)と同じく、圧倒的な西欧の武力と文化に押しつぶされた先住民が、呪術(じゅじゅつ)宗教的な形で伝統的固有文化を取り戻そうとする一種の土着主義運動であり、本来は平和的なものである。しかし、その宗教的情熱を恐れた白人によって弾圧され、1890年には、サウス・ダコタ州のウンデッド・ニーでゴースト・ダンスに集まっていた先住民ダコタ(スー)に対する大虐殺が行われた。これ以後、インディアンの信仰は、幻覚作用をもつサボテンの一種を食べて昔の楽園の幻想をみるペヨーテ信仰といった、より逃避的な形をとるようになった。

[板橋作美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「ゴースト・ダンス」の解説

ゴースト・ダンス

幽霊踊りとも。19世紀終葉に米国の平原インディアンの間で広まった宗教運動。〈天変地異によって白人は絶滅するが,インディアンは生き残り,祖先たちやかつて恵みに満ちていた大自然もよみがえって,昔の幸福な生活が戻る〉との予言が広まり,人々はになって熱狂的に歌い踊り続けた。1890年にウーンデッド・ニーという地で白人軍が多数のインディアンを虐殺した後は急速に消滅。しかしウーンデッド・ニーの虐殺は,今日のインディアン権利回復運動のシンボルとなった。→土着主義運動
→関連項目アメリカ・インディアン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android