コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴーン ゴーン Ghosn,Carlos

2件 の用語解説(ゴーンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴーン
ゴーン
Ghosn,Carlos

[生]1954.3.9. ブラジルロンドニア
実業家。父親はレバノン系ブラジル人,母親はフランス人。ブラジルとフランスの国籍をもつ。レバノンの高校を卒業後,フランスに移住。エコール・ポリテクニク (国立理工科専門学校) ,エコール・デ・ミーヌ・ド・パリ (国立高等鉱業学校) 卒業。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴーン
ごーん
Carlos Ghosn
(1954― )

経営者、2001年(平成13)6月より日産自動車社長兼最高経営責任者CEO)。2005年4月より日産自動車と兼務でルノーの社長兼CEO。ブラジル生まれのレバノン系フランス人。1978年にフランスのエリート養成校として知られるエコール・デ・ミヌ・ド・パリ(パリ国立高等鉱業学校)を卒業。同年フランスのタイヤ・メーカーミシュランに入社する。1985年ブラジル、1989年アメリカでミシュランの現地法人社長をつとめ、思いきった合理化で「コストカッター」の異名をとった。その手腕を買われ、1996年フランスの自動車メーカー、ルノーに入社、上級副社長としてベルギー工場の閉鎖を強行するなど、同社を黒字体質に転換することに成功した。1999年3月ルノーが日産自動車と資本提携したことを機に、同年6月日産の最高執行責任者COO)に就任。業績不振の日産を再建させるべく、同年10月に「日産リバイバルプラン」を発表。主力の東京・村山工場の閉鎖や、グループ全体で2万1000人の人員削減、取引関係先も半減させるなどの大胆なリストラクチャリングを進める。2000年6月日産の社長兼COOとなり、翌2001年3月期決算では黒字転換に成功した。[編集部]
『カルロス・ゴーン著、中川治子訳『ルネッサンス――再生への挑戦』(2001・ダイヤモンド社) ▽カルロス・ゴーン、フィリップ・リエス著、高野優訳『カルロス・ゴーン経営を語る』(2003・日本経済新聞社) ▽板垣英憲著『カルロス・ゴーンに学ぶ改革の極意』(2001・ベストセラーズ) ▽長谷川洋三著『カルロス・ゴーンが語る「5つの革命」』(2004・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゴーンの関連キーワードアクレブラジルナッツブラジル蝶の謎ブラジル名古屋交流デーボス ブラジルスペシャル ブラジルの輝き未来世紀ブラジルブラジルサントスブラジルとポルトガルブラジル人学校ブラジル銀行

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゴーンの関連情報