コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイイド・アフマド・ハーン Sayyid Ahmad Khān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サイイド・アフマド・ハーン
Sayyid Ahmad Khān

[生]1817.10.17. デリー
[没]1898.3.27. アリーガル
インドのイスラム学者,教育者。ムガル宮廷の名家に生れ,イギリス植民地政府の属吏をつとめ,インド大反乱を目撃して,その原因論を書いた。退職後,イスラム教徒の教育に努め,1875年にアリーガルに大学を創設し (→アリーガル大学 ) ,西欧的な高等教育を施した。またイスラム教徒の社会改革にも尽力し,85年のインド国民会議の開催にあたっては,イスラム教徒の権益を主張して参加せず,アリーガルで独自の組織をつくった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

サイイド・アフマド・ハーンの関連キーワードアリーガル運動イスラム文化ムスリム連盟アーザードハーリー

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android