コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サウン サウン saung

5件 の用語解説(サウンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サウン
サウン
saung

ビルマ (現ミャンマー) の弓型ハープサウン・ガウ saung-gaukの略称。「ツァウン」ともいう。いわゆるビルマの竪琴で,中国,日本の資料で鳳首箜篌 (ほうしゅくご) と記されるもの。清朝では「総稿機 (ツォン・カウ・キ) 」と記録された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

サウン(〈ミャンマー〉tzaung)

ミャンマーの撥弦楽器。舟形の共鳴胴をもつハープの一種で、16弦のものが一般的。座った膝の上に置き、主に右手の指ではじいて演奏する。サウン‐カウ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

サウン【saung】

ミャンマーの弓形ハープ。正しくはサウン・ガウsaung gaukという。〈ビルマの竪琴〉の名で知られる。舟形の胴と弓形の棹から成り,棹の先にボダイジュの葉の装飾がある。弦は絹またはナイロンの弦13~16本で繊細優美な音色をもつ。独奏または古典歌曲の伴奏に用いる。右手親指と人差指で弦をはじき,必要に応じて左手親指の爪で弦の端を押して音を変える。おもな調弦は5種類ほどあり,弦の端に結んである太い紐を棹に巻きつけて調弦する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

サウン【saung】

ミャンマーの撥弦はつげん楽器。古代インド起源のハープの一種で、一六弦。高さ60センチメートルほど。ひざの上に立てて右手指で絹製の弦を弾いて演奏する。いわゆるビルマの竪琴。サウン-ガウ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サウン
さうん
saung

ミャンマー(ビルマ)の弓型ハープ。正しくはサウン・ガウsaung gauk(サウン・カウs. kaukとも)。木製の舟型共鳴胴に緒止め棒ともなる首が取り付けられ、絹糸弦(近年ではナイロン弦も使用)が巻き止められている。もと13弦であったが、今日では16弦が一般的。両手の指ではじいて弾く。起源については諸説あるが、インドから伝わったらしく、中国でも唐代に鳳首箜篌(ほうしゅくご)として知られていた。仏教楽器であったが、今日では独奏、合奏、声楽の伴奏に広く使われている。[川口明子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のサウンの言及

【ミャンマー】より

…このときアユタヤの楽舞がビルマに伝えられ,しだいにビルマ風に変化して今日の様式が形成された。 代表的なものにサイン・ワインと呼ばれるにぎやかな野外で行われる合奏と,サウン(弓形ハープ)やパッタラー(竹琴)などによる静かな室内用音楽とがある。楽器はほかにドウンミン(箱形チター),タヨウ(3弦の胡弓),ミジャウン(鰐形チター),マダリン(マンドリンの変形楽器)や,オウジー(花杯形の太鼓)など多くの太鼓がある。…

※「サウン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サウンの関連キーワードパラウン族ミャンマーグループサウンズロックハンマーサウン・ガウミャンマーのサイクロン被害ミャンマーの少数民族と武装勢力ミャンマーのゾウ在日ミャンマー人ミャンマーの民主化運動

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サウンの関連情報