サウン(英語表記)saung

  • 〈ミャンマー〉tzaung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビルマ (現ミャンマー) の弓型ハープサウン・ガウ saung-gaukの略称。「ツァウン」ともいう。いわゆるビルマ竪琴で,中国,日本の資料で鳳首箜篌 (ほうしゅくご) と記されるもの。清朝では「総稿機 (ツォン・カウ・キ) 」と記録された。木製の舟形 (シャというアカシアの1種の根をくりぬいたもの) の中央にシカ皮を張り,胴から曲った柄が出て弓型をつくる。柄の半分ぐらいのところから胴面の皮の稜線に斜めに製のを張る。ボドーパヤー王 (1782~1819) の頃にはまだ7弦であったものを文学者のミャワジ・ウンジー・ウーサが竪琴奏者ウー・ポー・ゴウンのために 13弦に改良したという。中国唐代資料では 14弦とある。現在では,ウー・モン・モン・ジーがさらに 14弦に改良,16弦のものまである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミャンマーの弓形ハープ。正しくはサウン・ガウsaung gaukという。〈ビルマの竪琴〉の名で知られる。舟形の胴と弓形の棹から成り,棹の先にボダイジュの葉の装飾がある。弦は絹またはナイロンの弦13~16本で繊細優美な音色をもつ。独奏または古典歌曲の伴奏に用いる。右手親指と人差指で弦をはじき,必要に応じて左手親指の爪で弦のを押して音を変える。おもな調弦は5種類ほどあり,弦の端に結んである太い紐を棹に巻きつけて調弦する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ミャンマーの撥弦はつげん楽器。古代インド起源のハープの一種で、一六弦。高さ60センチメートルほど。ひざの上に立てて右手指で絹製の弦を弾いて演奏する。いわゆるビルマの竪琴。サウンガウ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミャンマー(ビルマ)の弓型ハープ。正しくはサウン・ガウsaung gauk(サウン・カウs. kaukとも)。木製の舟型共鳴胴に緒止め棒ともなる首が取り付けられ、絹糸弦(近年ではナイロン弦も使用)が巻き止められている。もと13弦であったが、今日では16弦が一般的。両手の指ではじいて弾く。起源については諸説あるが、インドから伝わったらしく、中国でも唐代に鳳首箜篌(ほうしゅくご)として知られていた。仏教楽器であったが、今日では独奏、合奏、声楽の伴奏に広く使われている。[川口明子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (saung, tzaung) ミャンマーの撥弦楽器の一つ。古代インドの仏教楽器に端を発した弓型のハープの一種で、高さ約六〇センチメートルの木製の湾曲した柄から胴にかけて、絹製の一〇センチメートル前後の弦を張り、右手指で弾奏するもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のサウンの言及

【ミャンマー】より

…このときアユタヤの楽舞がビルマに伝えられ,しだいにビルマ風に変化して今日の様式が形成された。 代表的なものにサイン・ワインと呼ばれるにぎやかな野外で行われる合奏と,サウン(弓形ハープ)やパッタラー(竹琴)などによる静かな室内用音楽とがある。楽器はほかにドウンミン(箱形チター),タヨウ(3弦の胡弓),ミジャウン(鰐形チター),マダリン(マンドリンの変形楽器)や,オウジー(花杯形の太鼓)など多くの太鼓がある。…

※「サウン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サウンの関連情報