コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サケビドリ Anhimidae; screamers

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サケビドリ
Anhimidae; screamers

カモ目サケビドリ科の鳥の総称。全長 70~90cmの大型の鳥で,カンムリサケビドリ Chauna torquata,クロエリサケビドリ C. chavaria,ツノサケビドリ Anhima cornuta の 3種からなる。羽色はおもに灰色または黒色。1.5km以上も遠くから聞こえるラッパのような大きな響く声で鳴く。草原,湿地,開けた湖畔にすみ,木の小枝やアシを 30cmほど積み上げて巣をつくり,2~6卵を産む。飛翔力は強いがもっぱら地上で生活し,植物,昆虫類などを食べる。趾(あしゆび)の間には半分ほど蹼(みずかき)があり,泳ぎもうまい。南アメリカにのみ分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サケビドリ
さけびどり / 叫鳥
screamer

鳥綱カモ目サケビドリ科に属する鳥の総称。この科Anhimidaeは南アメリカに3種があり、ツノサケビドリAnhima cornutaはベネズエラからブラジル、ボリビアに、カンムリサケビドリChauna torquataはブラジル南部、ボリビアからアルゼンチンに、クロエリサケビドリC. chavariaはベネズエラ、コロンビアに分布する。全長約69~90センチメートル。大形のガンぐらいの頑強な体で、広くて浮き草の多い湿地をゆっくり渡り歩き、水生植物やその種子を食べる。飛び立ちは重いが、翼がきわめて幅広く、初列風切(かざきり)が強度に分離するため、高空に上昇して円を描いて長時間帆翔(はんしょう)し、大声を発する。地上でもときに大群になり、とくに夜間、数キロメートルも届く鳴き合いを行う。皮膚に裸区はなく羽毛は体全面に生え、骨は含気性に富み、皮下には小空胞による空気層があり、翼角に2本の棘(とげ)がある。嘴(くちばし)はキジ類に似てとがり、足は頑丈でやや長く足指も長いが、水かきはその基半部のみにある。群集性があるが雌雄は永久つがいを形成し、単独営巣性で、水上に草や水草を積み重ねてつくる巣は、ときに浮き巣となる。1腹4~6卵で白色、雌雄とも抱卵し、約42日で孵化(ふか)する。雛(ひな)は早成性で、刷り込み性が強く、人間にもよくなれ、大声を発する習性から番犬がわりになる。[黒田長久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

サケビドリの関連キーワードChauna torquataサケビドリ(叫鳥)黒襟叫鳥角叫鳥冠叫鳥叫鳥

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android