コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サバンナモンキー Cercopithecus aethiops; green monkey; savanna monkey

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サバンナモンキー
Cercopithecus aethiops; green monkey; savanna monkey

霊長目オナガザル科ミドリザルともいう。体長 45~53cm,尾長約 50cm。体は緑灰色で,下面は淡黄色ないし白色。顔は黒色。 10~40頭の群れをつくるが,群れには順位制があり,成長した雄がこれを率いている。比較的樹木が多いサバナにすみ,果実昆虫類,イネ科植物などを食べる。アフリカ東部から南部にかけて分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

サバンナ‐モンキー(savanna monkey)

オナガザル科の哺乳類。アフリカのサバンナ地帯に分布。半地上・半樹上性。ビロード状の緑がかった体毛をもつ。ポリオワクチン製造などの実験動物にされる。みどりざる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

サバンナモンキー【savannah monkey】

霊長目オナガザル科の旧世界ザル。地上性が強く,サハラ砂漠以南のアフリカ大陸のサバンナ地帯に広く生息しているため,その名がついている。西アフリカ産のものをミドリザル(グリーンモンキーgreen monkey),スーダン,エチオピア産のものをグリベットモンキーgrivet monkey(イラスト),南アフリカ産のものをベルベットモンキーvervet monkeyと呼んで区別することがある。 頭胴長は50~60cmで,尾はそれよりもやや長い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サバンナモンキー
さばんなもんきー
savannah monkey
[学]Cercopithecus aethiops

哺乳(ほにゅう)綱霊長目オナガザル科の動物。アフリカのサハラ砂漠以南の広い地域に分布する。地方差が大きく、グリベットモンキーC. aethiops(中央部から東部)、ベルベットモンキーC. pygerythrus(南部)、ミドリザルC. sabaeus(西部)の3種に分類する考え方もある。体毛は灰色がかったオリーブ色で、顔は黒、肛門(こうもん)の周囲は赤く、雄の陰嚢(いんのう)は青い。オナガザル属のなかではサバンナ地帯に進出した唯一の種で、川辺の林を好み、かなりの時間を地上で過ごす。果実、草の実、木の葉、昆虫などを食べ、10~50頭の複雄群をつくる。優位な雄は、尾をあげ、赤や青で彩られた会陰(えいん)部を劣位者に誇示して優位性を示す。[川中健二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

サバンナモンキーの関連キーワードマノヴォカラマルエ国立公園ルボンド島国立公園グエノン尾長猿緑猿

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android