コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サマルスキー石 サマルスキーせきsamarskite

翻訳|samarskite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サマルスキー石
サマルスキーせき
samarskite

AB2O6 の一般式で表わされる鉱物。A=イットリウム,エルビウム,ウラン,鉄 (II) ,トリウムなど,B=ニオブ,タンタル。斜方晶系。通常ウラン,トリウムなどの放射能によって結晶格子の乱されたメタミクト状態で産する。柱状結晶として成長することが多いが,塊状で産出する場合も少くない。断口貝殻状,硬度5~6,比重5~6。割れ口ではガラスまたは亜金属光沢をもつ。黒色のペグマタイト鉱物で,世界各地に産出し,日本では福島県石川地方に石川石などと共生する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サマルスキー石
さまるすきーせき
samarskite-(Y)

複酸化鉱物で放射能鉱物の一つ。花崗(かこう)岩質ペグマタイト中に産する。自形は短柱状で柱面、ときに庇(ひ)面がよく発達し、単斜晶系の特徴を示すことがある。通常はメタミクト状態で産する。メタミクト状態とは、鉱物自体のもつ放射能によって結晶質でなくなることをいう(加熱によって再結晶する)。鉄コルンブ石とよく共存するが、フェルグソン石とは共存しない。ロシア鉱山技術局長サマルスキー・ビホベッツVasilii Yefrafovich von Samarski-Bykhovets(1803―1870)にちなんで命名された。英名の-(Y)は、希土類元素を主成分とする鉱物において、原子数がもっとも多量に含まれているものの元素記号を、接尾語で示す規定による。元素記号が異なると、語幹の鉱物は同一でも別種の扱いを受ける。サマルスキー石は現在イットリウムが卓越したsamarskite-(Y)のみ知られている。[加藤 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のサマルスキー石の言及

【鉱物】より

…このような変化をメタミクト化作用といい,その状態となった鉱物をメタミクト鉱物と呼ぶ。多くは結晶構造に複雑な結合をもつ鉱物にみられるものであって,代表的な鉱物としてはサマルスキー石があげられる。
[化学的性質]
 鉱物の化学的性質は主としてその化学組成によるものである。…

【ニオブ・タンタル鉱物】より

…ニオブとタンタルは性質が酷似していて,天然には常に両者相伴って存在する。フェルグソン石fergusonite ABO4,ユークセン石euxenite AB2O6(斜方晶系,比重約5),サマルスキー石samarskite(化学式はAB2O6とABO4の中間の組成で,どちらもA+Bの数がOの数の1/2である。結晶中で次のAとBの元素が互いに入れかわりうるため,一つの化学式で示しにくい。…

※「サマルスキー石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サマルスキー石の関連キーワードサマルスキー石(データノート)ニオブ・タンタル鉱物イッテルビウムジスプロシウムイットリウムガドリニウムサマリウムエルビウムタンタルニオブ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android