コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サリー(伯) サリー[はく]Surrey, Henry Howard, Earl of

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サリー(伯)
サリー[はく]
Surrey, Henry Howard, Earl of

[生]1517. ハンズドン?
[没]1547.1.13. ロンドン
イギリスの詩人,軍人。ヘンリー8世の廷臣。貴族の名門に生まれ,1532年フランスに渡り,約 1年フランス宮廷に滞在ののち,帰国。1543~46年にはフランス,フランドルで軍務に服した。1546年に帰国したが,政敵シーモア家の策謀によって反逆罪で処刑された。行動力と勇気と感受性を兼ね備え,ジョージ・ゴードン・バイロンを思わせる資質と行状の持ち主であり,のちにそのロマン的な才気をうたわれた。文学史のうえではまずトマス・ワイアットとともに初めて英詩にソネットの形式を導入,確立したことで知られる。技巧的にはワイアットより優れ,フランチェスコ・ペトラルカ風の伝統の影響をより強く受けながらも,イタリア(ペトラルカ)風の形式を変革してイギリス(ウィリアム・シェークスピア)風ソネットを生み出す端緒を開き,エリザベス朝独特のソネット形式を準備した。しかし最大の功績は,『アエネイス』の第2巻と第4巻の英訳に初めて無韻詩を用いたことであろう。恋人ジェラルディンをたたえたソネット,そのほか優雅で仕上げのみごとな 40編の作品は,『トトル詩選集』Tottel's Miscellany(1557)に収められた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

サリー(伯)の関連キーワードハワード(Henry Howard Earl of Surrey)ノーサンプトン(伯)ノーフォーク(公)フロッドンの戦いアン・ブリンギャスコインハワード家ハワードワトソン

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android