コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サルナシ(猿梨) サルナシActinidia arguta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サルナシ(猿梨)
サルナシ
Actinidia arguta

マタタビ科の落葉つる植物。アジア東部に広く分布する。日本各地の山地に普通に生える。全体はマタタビに似ているが葉先が白くならない。また茎の中央にある髄は褐色で大きなすきまが並び,縦断面でみると階段状の構造をもつのが特徴である。夏に,ウメに似た白い5弁の花を葉腋につけるが,多数あるおしべの (やく) は褐色で,この点でも葯の黄色いマタタビと区別できる。果実は淡黄緑色に熟し,甘ずっぱい味がして,生食,または塩漬にすることもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

サルナシ(猿梨)の関連キーワードマタタビ科祖谷温泉かずら橋祖谷

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android