コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サワギキョウ(沢桔梗) サワギキョウLobelia sessilifola; lobelia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サワギキョウ(沢桔梗)
サワギキョウ
Lobelia sessilifola; lobelia

キキョウ科の多年草で,アジア東部の冷温帯に広く分布し,湿地に群生する。花を除いては全草が無毛で,は分枝せず直立し,高さ 60~100cmもあって中空である。葉は無柄で長さ5~7cmの披針形,縁に細かい鋸歯があり,茎に密に互生する。花は8~9月に,茎の上部に総状花序をなして咲く。花冠は鮮かな紫色で,唇形に深く5裂し,裂片の縁には長い軟毛がまばらに生える。果実は壺状の 蒴果で,長さ 1cmほどである。有毒成分ロベリンが含まれるため,全草毒草で,もし誤って食べると呼吸麻痺やけいれんなどの中毒症状を示すという。花壇や鉢植にして栽培される同属ロベリアは,観賞用ばかりでなく,薬用にもされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サワギキョウ【サワギキョウ(沢桔梗) Lobelia sessilifolia Lamb.】

キキョウ科の多年草で,山間の湿地に群生する(イラスト)。キキョウの名はあるが,花冠は2唇形を呈し,おしべは合生して花柱をとり囲んでいるなど,キキョウとは大きく違っている。キキョウ科ではミゾカクシ亜科とされる。茎や葉は無毛。茎は高さ50~100cm,太さ1cmに及び,分枝しない。葉は多数が互生し,披針形,長さ4~10cm。柄はなく,縁に細かい鋸歯がある。花は青紫色,多数が総状につき,横向きに咲く。花冠は長さ約3cm。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のサワギキョウ(沢桔梗)の言及

【ロベリア】より

…日当りのよい湿気の多い場所でよく育ち,夏涼しく冬暖かい所では枯れずに宿根する。 ミゾカクシ属Loberiaの植物は世界に350種が分布し,カナダ,北アメリカの湿地にはベニバナサワギキョウL.cardinalisL.(英名cardinal flower,scarlet loberia)があり,高さ1mの茎に緋紅色の花をつける。日本の山地の湿地にはサワギキョウが分布し,高さ1mほどになる直立した茎に,総状に青紫色の花をつける。…

※「サワギキョウ(沢桔梗)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

サワギキョウ(沢桔梗)の関連キーワードキキョウ科キキョウ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android