コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンカンタン Saint-Quentin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンカンタン
Saint-Quentin

フランス北部,エーヌ県ソンム川とサンカンタン運河の交点にある工業都市。中世以来の毛織物生産中心地で,化学繊維・電気・機械工業も盛ん。 1965年開通のノール運河にも連絡し,パリとの間に舟運がある。中世以来巡礼の聖地だが,普仏戦争プロイセンに占領され,第1次世界大戦でドイツ軍に完全に破壊された。人口6万 2085 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

サンカンタンの関連キーワードシャルルボアソンムの戦いオザンファンラ・トゥールカンブレーアンリ2世グラスランエフモントベネゼットマルタンバブーフコリニーロジエアム