コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンゴジュ(珊瑚樹) サンゴジュ Viburnum awabuki

3件 の用語解説(サンゴジュ(珊瑚樹)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンゴジュ(珊瑚樹)
サンゴジュ
Viburnum awabuki

スイカズラ科の常緑小高木で,高さ6~9mに達する。アジアの暖温帯から亜熱帯にかけて広い分布をもつ。日本では暖かい地方の海岸に自生するが,庭木や生垣として広く栽植され,水分が多いので防火性があるといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

サンゴジュ(珊瑚樹)【サンゴジュ】

スイカズラ科の常緑高木。関東以西〜沖縄の海岸に自生し,高さ7〜8mになる。防火・防風・防潮樹として適し,刈込みにも耐えるので生垣や庭木にされる。狭楕円形で光沢のある大型の葉を対生。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

サンゴジュ【サンゴジュ(珊瑚樹) Viburnum odoratissimum Ker‐Gawl.】

常緑樹林内にはえるスイカズラ科の高木。刈り込むとよく茂るため,近年は生垣として多用されるが,古くから防火樹とされた。挿木でよくふえ,生長も早い。高さ6~10m,材に水分が多く,燃やすと泡をふくのでアワブキの別名がある。葉は長楕円形,長さ7~15cm,常緑で光沢がある。花は枝の先に多数集まって円錐状となり,6月に咲く。花冠は白く,合弁で5裂する。子房は下位,3心皮からなるが,稔性胚珠は1個。花柱は短く,柱頭は頭状。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サンゴジュ(珊瑚樹)の関連キーワードスイカズラ科木珊瑚忍冬定家葛水鬘袴葛白山木針金葛フウトウカズラマンネンスギ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone