サンタマリアノベッラ聖堂(読み)サンタマリアノベッラセイドウ

デジタル大辞泉 の解説

サンタマリア‐ノベッラ‐せいどう〔‐セイダウ〕【サンタマリアノベッラ聖堂】

Basilica di Santa Maria Novella》イタリア中部、トスカーナ州の都市フィレンツェにあるゴシック様式の教会。13世紀にドミニコ会修道士により着工され、14世紀に完成。正面ファサード部分は15世紀後半にアルベルティが手がけた。マサッチョ傑作として知られる「聖三位一体」、ギルランダイヨによる「聖母マリアの生涯」「洗礼者ヨハネの生涯」などのフレスコ画ブルネレスキによる聖十字架像がある。サンタマリアノベッラ教会。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android