コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンタマリアノベッラ聖堂 サンタマリアノベッラセイドウ

デジタル大辞泉の解説

サンタマリア‐ノベッラ‐せいどう〔‐セイダウ〕【サンタマリアノベッラ聖堂】

Basilica di Santa Maria Novella》イタリア中部、トスカーナ州の都市フィレンツェにあるゴシック様式の教会。13世紀にドミニコ会の修道士により着工され、14世紀に完成。正面ファサード部分は15世紀後半にアルベルティが手がけた。マサッチョの傑作として知られる「聖三位一体」、ギルランダイヨによる「聖母伝」「洗礼者ヨハネ伝」などのフレスコ画やブルネレスキによる聖十字架像がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

サンタマリアノベッラ聖堂の関連キーワードマイケルズサンタキアーラ聖堂サンタクローチェ聖堂サンタチェチリアイントラステベレ聖堂サンタトリニタ教会サンタマリアインコスメディン教会サンタマリアイントラステベレ聖堂サンタマリアグロリオーサデイフラーリ教会サンタマリアソプラミネルバ教会サンタマリアデッラサルーテ聖堂

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android