コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンタンジェロ城 サンタンジェロジョウ

デジタル大辞泉の解説

サンタンジェロ‐じょう〔‐ジヤウ〕【サンタンジェロ城】

Castel Sant'Angelo》イタリアの首都ローマ中心部、テベレ川右岸にある城。対岸とサンタンジェロ橋で結ばれる。135年にローマ皇帝ハドリアヌスが自らの霊廟(れいびょう)として建造を始め、4年後にアントニヌス=ピウスが完成させた。以降、ローマ皇帝歴代の墓となる。中世以降、要塞化が進み、監獄として使われたこともあった。現在は国立サンタンジェロ博物館として公開され、古代から近代までの武器などを展示している。1980年、「ローマ歴史地区、教皇領とサンパオロフォーリ‐レ‐ムーラ大聖堂」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。聖天使城カステルサンタンジェロ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

サンタンジェロじょう【サンタンジェロ城 Castel Sant’Angelo】

ローマ皇帝ハドリアヌスが自身とその一族のためにローマに建設した廟墓。〈聖天使城〉の意。135年に着工され,同帝の死後139年に完成。一辺84mの方形基壇の上に直径64mの円塔をのせ,その頂部を半球形ドームとして土を盛り,糸杉を植え,その中央に戦車を駆る皇帝像が置かれていた。エトルリア墳墓を継承するこの形式として最大の規模をもつ。590年,流行するペストからの救いを祈った教皇グレゴリウス1世がこの墓の上に大天使ミカエルの姿を見,その像を頂部に据えてからこの名が生まれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界の観光地名がわかる事典の解説

サンタンジェロじょう【サンタンジェロ城】

イタリアの首都ローマ市内を流れるティベレ川右岸にある円形の要塞。城の頂上に、16世紀のラファエッロ・ダ・モンテルーポ作の大天使ミカエルの大理石像が建っている。ローマ市内唯一の城塞で、バチカンのサンピエトロ大聖堂から徒歩圏内にある。もともとは135年に、ローマ帝国のハドリアヌス帝が自身の霊廟(れいびょう)として建設を開始し、4年後の139年に完成した建物だが、のちに軍事施設に変わり、14世紀ごろになるとローマ教皇の要塞や監獄として使われるようになった。1527年、神聖ローマ皇帝カール5世のローマ侵攻の際には、教皇クレメンス7世はこの城に立て篭もって抵抗した。また、地動説を唱えた哲学者・天文学者のジョルダノ・ブルーノ(1548~1600年)は、火刑に処せられる前の7年間、この城塞に幽閉された。現在、この城塞は軍事博物館(国立サンタンジェロ城博物館)になっている。なお、建物の頂上に建つ大天使ミカエルの大理石像はレプリカで、本物は場内にある。◇現地名は「Castel Sant'Angelo」。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サンタンジェロ城
さんたんじぇろじょう
Castel Sant'Angelo

ローマ市内テベレ川右岸、バチカン市国の手前に建つ城。別名ハドリアヌス廟(びょう)。ローマ皇帝ハドリアヌスが彼自身とその後継者たちの墓として建造したもので、135年ごろ起工、139年アントニヌス・ピウスが完成させた。84メートル四方の基壇の上に直径64メートル、高さ約30メートルの円筒形の建物を建て、その上にエトルリア式の盛り土をして樹木で囲った大墳墓には、セプティミウス・セウェルス帝に至る諸皇帝が埋葬された。ローマ帝国の崩壊後しばしば改造が加えられ、要塞(ようさい)や監獄として使用され、現在は武器博物館となっている。サンタンジェロの名称(「聖天使城」の意)は、590年ペストが流行した際、教皇グレゴリウス1世が城の頂に剣を持った大天使ミカエルの姿を見たという伝説に由来する。なお、この城のあるローマ歴史地区は教皇領、サンパオロ・フォーリ・レ・ムーラ教会とともに世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。[篠塚二三男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

サンタンジェロ城の関連キーワードサンパトリツィオの井戸ベネディクツス6世ヨハネス14世ヨハネス11世ヨハネス10世ローマの略奪ローマ劫掠ローマ美術

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android