サント・トマス大学(読み)サント・トマスだいがく(英語表記)University of Santo Tomás

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サント・トマス大学
サント・トマスだいがく
University of Santo Tomás

フィリピンのマニラにあるアジア最古の大学。 1611年に聖トマス・アクィナスを記念し,聖職者養成の目的で創設された。カトリック系大学としては世界最大級に属する。創立時からの神学部,哲学部をはじめ,教会法学,市民法学,医学工学などの学部,専門学部,大学院をおき,自然科学研究センター,開発教育研究センターなどの研究所,付属病院などを有する。学生数約3万 4000名,教員数約 1400名 (1997) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android