ザイル(英語表記)〈ドイツ〉Seil

百科事典マイペディアの解説

ザイル

登山用のロープ。ドイツ語Seil。岩壁や氷雪上の登降,その他墜落やスリップの危険のある悪場において,パーティの安全を確保するために互いの体を結び合う(アンザイレン)。第2次世界大戦前は大麻・マニラ麻製の2種だったが,1950年ころからナイロン製,テトロン製が多く用いられるようになった。長さは30〜40mのものが多い。ザイルの利用により,オーバーハングなどの〈ロッククライミング〉(岩登り)や氷壁登攀(とうはん)は大きく前進した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ザイル【Seil[ドイツ]】

一般に綱のことだが,日本では,とくに登山で氷壁や岩壁の登攀の際に,安全を確保するため体を結び合って行動するのに用いる綱を呼ぶことが多い。英語でロープrope。ザイルの使用はアルプス登山の黄金時代といわれた19世紀中ごろから盛んとなり,日本には大正末期,ヨーロッパの登山技術の導入期にとり入れられた。第2次世界大戦前はマニラアサやタイマの撚(よ)りザイルが用いられたが,1950年ころよりナイロン,ビニロンなどの合成繊維のものが強度や扱いやすさの点でもまさることから多く用いられるようになり,構造も撚りザイルより編みザイルが多くなった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ザイル
ざいる
Seilドイツ語

一般に綱を意味し、英語のロープにあたるが、とくに登山で岩壁や氷壁を登攀(とうはん)するときに安全のために体を結び合い、確保や懸垂など登攀の補助のために用いる綱をいう。材料には以前はマニラ麻や大麻が用いられ、1950年ころからナイロン、ビニロンのものが多くなったが、これらの合成繊維の強度への過信から事故が続き一時社会問題にまでなった。構造的にも「撚(よ)りザイル」から「編みザイル」に変遷してきた。直径は8~11ミリメートルで、これ以下は補助用である。長さは30~40メートルのものが多く、これを結び合って2~3人がパーティーを組んで行動する。ザイルは岩角などで摩擦すると切断したりするから、ザイルを用いるときには多くの結び方や各種の技術、用法に十分熟達したうえでなければ危険である。[徳久球雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ザイル

〘名〙 (Seil) 登山用の綱、ロープ。〔アルス新語辞典(1930)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のザイルの言及

【アプザイレン】より

…登山用語。アプザイルまたは懸垂下降ともいう。急峻(きゆうしゆん)な斜面を体にザイルを巻いて下降する技術。…

【ロッククライミング】より

…冬の登攀には堅牢で保温性のある登山靴が用いられるが,無雪期には,軽量で摩擦性の高い柔軟な底をもつクレッターシューズ(岩登り靴)を使う例が多く,また,簡便なトレーニングシューズを用いる者もある。 パーティを組んだ2人または3人のクライマーは,墜落の危険を避けるためにザイルSeil(登攀用ロープ)を両端部で互いに自分のボディハーネスに連結(アンザイレン)し,交替で登攀するパートナーを確保(ビレーbelayまたはジッヘルSicher)しあいながら前進する隔時登攀(スタカートクライミングstaccato‐climbing)を行うのが普通である。確保者は,自分の確保が失敗した場合,パートナーの墜落に引き込まれて墜落しないようにあらかじめ自己確保(アンカーanchor)をしたうえで,基本的には,自分の肩や腰にザイルを回して制動操作する確保(ボディビレーbody belay)を行うことが多い。…

※「ザイル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ザイルの関連情報