利便(読み)りべん

精選版 日本国語大辞典「利便」の解説

り‐べん【利便】

〘名〙 (形動) つごうのよいこと。また、そのさま。便。便宜。〔文明本節用集(室町中)〕
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉二「許多銭財を費して、遂に利便を尽し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「利便」の解説

り‐べん【利便】

[名・形動]都合のよいこと。また、そのさま。便利。「使う人の利便を図る」「利便な方式」
[派生]りべんさ[名]
[類語]便便宜好都合便利誂え向きタイムリー有り難いうれしいおんの字重宝ちょうほう有用有益簡便軽便至便もってこい格好頃合ころあ打って付けぴったり好個好適適する適う適える合う沿うそぐう向く似合う似つかわしいふさわしいしっくり当てはまる適合する適当する合致する即応する同調するフィットする程よい絶好願ったり叶ったり願ってもない渡りに船

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「利便」の解説

【利便】りべん

好都合。

字通「利」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android